お問い合わせ・ご予約

初診予約専用TEL

050-7582-9072

再診予約・その他

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

口がよく乾燥する原因 口呼吸について

こんにちは!
蒲田の菊地歯科医院でございます。

突然ですが。。。
口がよく乾くんですよ!前歯だけ着色がひどいんです!うちの子供はいつも口をぽかんとあいてます!

患者様からこんな悩み相談を受けることがありますが、皆さんはいかがでしょうか?

このような症状の原因、多くは「口呼吸(こうこきゅう)」があります。

人は鼻で呼吸するようになっており、空気が鼻腔(鼻からノドへの通り道)を通ることで鼻の粘膜が細菌やウイルスを吸着させて喉に感染させないようにしたり、また乾いた空気を粘膜で加湿させたりして体を守っています。そのため、口呼吸が続いてしまうと「人が本来持っている」体を守ることが難しくなってしまいます。

口呼吸によって引き起こされる病気としては、

小児の時期には鼻炎、アトピー、喘息などのアレルギー性疾患です。お口の中では、口が乾きやすくなることで虫歯や歯肉炎が起こりやすく、また、歯並びにも影響します。

成人になっても上記疾患を引きずることが多く、またやる気が出ない、だるいなど精神状態も悪化します。扁桃腺が腫れやすく風邪なども引きやすくなります。学業や仕事などには集中力の低下をきたします。

年齢ともにドライマウスの状態にもなります。高齢者になると誤嚥性肺炎なども心配ですね。

口呼吸になる理由としては①軟らかな食事(よく噛まなくても飲み込めるような食事を多くとることにより、口の周囲筋肉が発達しないため)②会話の減少(Lineやメールなどで意志を伝えられる。)③口遊びの減少(口笛などをふけない人が多い。)④花粉症やアレルギー性鼻炎などの疾患の増加があげられます。また、携帯のゲーム機、スマホなども操作に夢中になり口呼吸になりがちですね。

口呼吸のみきわめかた

  1. お口がポカンと半開きになっている
  2. イビキをかく
  3. 口唇乾燥
  4. 下あごに梅干しができる
  5. 前歯が出ている

です。

当医院では口テープ睡眠やあいうべ体操(みらいクリニックの今井先生考案)を患者様にお勧めし、お口の周りの筋肉のトレーニングを行っています。

ご自身はもちろんですが、ご家族でも心配な方がおられましたら、まずご相談くださいませ。