お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

BLOG

  • 50代後半女性の右上奥歯にダイレクトボンディングを 2020.07.10 NEW

  • 患者 50歳代 女性
    主訴 右上奥歯が最近冷たいものでしみる。
    診断 右上第一大臼歯(奥から2番目の歯)に金属の詰め物と歯の間に隙間があり、その部分がしみていた。レントゲン診査でも虫歯の存在を確認。
    診断は右上第二大臼歯C2(虫歯)
    治療期間 60分
    治療費 38,500円
    治療概要 歯の麻酔の後に金属および虫歯を取り除き、即日に歯の詰め物をして終了。
    金属アレルギーを心配されている方や短期治療をご希望されてる方には最適です。
    歯型を取って詰め物を作る治療法より、治療期間が短く歯の削る量も少なくてすむが、
    一回の治療時間が若干長いので口が開きにくい患者さんには難しい治療法です。お気軽にご相談ください。

    治療前

    治療中

    治療後

  • 菊地歯科医院 管理栄養士 伊藤めぐみの口内炎レシピ 2020.07.06 NEW

  • 菊地歯科医院の歯科助手・管理栄養士の伊藤めぐみです。
    コロナウイルスをはじめ、様々なウイルスに負けないよう規則正しい食生活をお送りしているでしょうか?
    今回は、口内炎の緩和・予防について考えた夏にピッタリのレシピをご紹介します。

    栄養不足によってできる口内炎

    口内炎には様々な種類があり原因はさまざまですが、食生活が乱れていると主にビタミンB2が不足してできる場合があります。

    口内炎緩和・予防に必要な栄養素

    ●ビタミンB2…口の粘膜を守る働き

    ・1日の推奨量(mg/日)

    18~29(歳) 1.6 1.2
    30~49(歳) 1.6 1.2
    50~69(歳) 1.5 1.1
    70以上(歳) 1.3 1.1

    ・多く含む食品
    ○レバー類…豚レバー100gあたり3.6mg 牛レバー100gあたり3mg
    ※レバー類はビタミンAを多量に含んでいるため頻繁に食べ過ぎるとビタミンA過剰症になるので注意。
    ○うなぎ…100gあたり(1/2切)0.74mg
    ○納豆…100gあたり(約2パック)0.56mg
    ○カマンベールチーズ…100gあたり(約6切)0.48mg
    ○卵…100gあたり(約2個弱)0.43mg

    ●ビタミンB6…皮膚や粘膜の健康維持

    ・1日の推奨量(mg/日)

    12~14(歳) 1.4 1.3
    15~17(歳) 1.5 1.3
    18~29(歳) 1.4 1.2
    30~49(歳) 1.4 1.2
    50~69(歳) 1.4 1.2
    70以上(歳) 1.4 1.2

    ・多く含む食品
    ○まぐろ赤身…100gあたり1.08mg
    ○かつお…100gあたり0.76mg
    ○鶏むね肉・ささ身…100gあたり0.65mg
    ○ブロッコリー…100gあたり0.67mg

    ビタミンB2、B6は体内で合成、蓄積できないビタミンなので、こまめに摂取することが大事です。

    口内炎が出来ている時におすすめの食べ物

    ●水分を多く含む食べ物
    乾燥しているものやパサパサした食べ物は、口内炎の部分やお口の中を傷つけやすいです。
    例えば魚は焼き魚よりも煮魚の方が水分を多く含むためおすすめです。野菜も炒め物より煮物や汁物で取ることをおすすめします。

    ●やわらかい食べ物
    歯を強くするためにはよく噛む食べ物の方が良いですが、口内炎が出来ている時は噛む回数が増えることで口内炎を噛みやすくなったり、固い食べ物が口内炎を更に傷つけたりする場合があるので気を付けましょう。
    そのものが柔らかい食べ物、口の中でほぐれても口内炎を傷つけないようなものだとなお良いです。
    油を含んでいたりマヨネーズがついていたり、飲み込みやすいもの・のどを通りやすいものをイメージするとわかりやすいかと思います。

    その他、辛いもの、酸っぱいもの、熱いものは口内炎を刺激しやすいので注意

    口内炎が出来ているときにも食べやすい口内炎に効く夏の簡単レシピ

    マグロのスタミナネバネバ丼
    ○材料(2人分)
    ・ご飯…茶碗1杯
    ・刺身用マグロ(夏はキハダマグロが旬)…50g
    ・ながいも…40g
    ・白だし…小さじ1
    ・おくら…4本
    ・納豆…1パック
    ・卵黄…1個
    ・カマンベールチーズ…2切
    ・きざみのり…適量

    ・しょうゆ…大さじ1/2
    ・ごま油…大さじ1/2
    ・すりおろししょうが…小さじ1/2
    ・白いりごま…大さじ1/2

    マグロのスタミナネバネバ丼
    1食分の栄養価
    エネルギー…646kcal
    タンパク質…33.6g
    脂質…23.5g
    炭水化物…72.5g
    ビタミンB2…0.6mg
    ビタミンB6…0.65mg
    食塩相当量…1.7g

    ○作り方

    1. おくらはヘタとガクを取り除き、塩(分量外)をまぶして板ずりする。鍋にお湯を沸かし、1分ほどゆで、粗熱がとれたら、小口切りにする。

    調理工程1調理工程1調理工程1調理工程1

    2. 長いもは皮をむき、すりおろして白だしと合わせる。

    調理工程2調理工程2

    3. 納豆は付属のたれを加え混ぜておく。

    4. ご飯をどんぶりに盛り、1・2・3とまぐろをのせる。

    調理工程4調理工程4

    5. 真ん中に卵黄をのせ、周りにカマンベールチーズを一口大にちぎってのせ、きざみのりを散らす。

    6. 合わせておいたタレをかけて完成。

    ビタミンB6が摂れるプラスもう一品

    ブロッコリーとささ身のマスタードマヨ和え

    ・ブロッコリー…100g
    ・鶏ささ身…100g
    ・マスタード…大さじ1
    ・マヨネーズ…大さじ1

    ブロッコリーとささ身のマスタードマヨ和え

    ブロッコリーは1口大に分けて切って鶏ささみは筋を取って1口大に切ってそれぞれ茹でて調味料と和えて完成

  • 50代半ば女性にインビザラインGo(前歯矯正)装置 2020.06.30 NEW

  • 患者 54歳女性
    主訴 20代のころから前歯の歯並びが気になっていたが、ワイヤーによる矯正が嫌であきらめていた。最近、当医院でマウスピース矯正を行っていることを知り、無料相談とシミュレーションを受診。
    診断 上下前歯部叢生(特に右上の引っ込んでいる歯が気になる)
    治療期間 11か月
    治療費 およそ45万
    治療概要 初日は光学印象機器(iTero)を用いて口腔内をスキャニングしたほか、レントゲン検査と口の中の写真と顔の写真を撮りました。
    2日目はスキャンデータをもとにシミュレーション画像でクリンチェック(画像診断)を行い、患者様とともに治療計画を立てました。ここで治療計画に患者様がご同意されればアライナー(マウスピース)のオーダーをします。
    およそ3週間後、アライナーが到着。まず最初は歯のクリーニングを行い、患者様の歯にアタッチメント(アライナーを固定する装置)を付け、IPR(歯と歯の間を削る)を行った後にアライナーを装着し治療を開始します。1日20時間以上使用。食事の時と歯ブラシの時ははずすことができます。1つの装置の装着期間は10日間×アライナーの数です。
    写真は施術前と後です。予定より少し期間がかかりましたが前歯の歯並びが改善しています。これがインビザラインGoの最大のメリットです。
    当クリニックでは3Dスキャナーによる無料相談を行っております。
    お気軽にご相談ください。
    治療のリスク 治療中は歯の移動に伴う痛みが出る場合があります。
    治療後に歯並びが後戻りする可能性もございます。
    すべての方に同じ条件が当てはまるわけではありません。詳しくは検査の上で治療計画をご提案致します。

    治療前

    治療後

  • 歯が痛くないのは口の中が健康な証拠と言えますか? 2020.06.25 NEW

  • 痛みとは辛くて苦しいものですが、同時にそれは大切な自覚症状でもあります。
    考えてみると、私達は痛みを感じることで健康状態の異常に気づき、
    お腹が痛ければお腹の病気に、頭が痛ければ頭の病気に気づきます。

    また、口の中の健康状態においても例外ではなく、歯に痛みを感じることで虫歯に気づくでしょう。
    では、痛みを感じなければ身体は健康と言えるのでしょうか。
    歯に痛みを感じなければ、それは口の中が健康な証拠になるのでしょうか。

    虫歯の可能性

    まず虫歯ですが、実は歯が痛くなくても虫歯になっていることがあり、
    例えば次のケースの虫歯がこれに該当します。

    初期の虫歯

    いわゆる虫歯になりたての状態で、この状態ではまだ歯に穴があいておらず、痛みも感じません。
    そもそも、虫歯で歯が痛くなるのは虫歯が象牙質まで進行したことによる知覚過敏が原因。
    歯の表面だけで虫歯になっている初期段階では、一切痛みは感じないのです。

    神経を失った歯の虫歯

    神経を失えば感覚がなくなるため、虫歯による痛みは一切感じません。
    神経を失った歯の虫歯としては2つのケースが考えられ、1つは虫歯が進行して神経を失った状態、
    もう1つは神経を失った歯を虫歯治療した後、その歯が再度虫歯になった状態(二次虫歯)です。

    …このようなケースの虫歯ではいずれも痛みはなく、
    そのため歯が痛くなくても虫歯になっている可能性は否定できません。

    歯周病の可能性

    上記の説明から、歯が痛くなくても虫歯になっている可能性があることが分かりますね。
    また、虫歯以外にも歯周病になっている可能性もあります。

    歯周病は静かなる病気

    そもそも歯周病は「静かなる病気」と呼ばれるほどで、痛みを感じないのはむしろ自然です。
    痛みを感じない点で虫歯に比べて軽い病気と思われがちですが、
    痛みを感じないことこそが歯周病の怖さであり、なぜならそのせいで発見が遅れて重症化しやすいのです。

    歯周病の自覚症状

    痛みを感じない点で発見…つまり自覚が難しい歯周病ですが、自覚症状が全くないわけではありません。
    例えば初期段階では「口臭」、「歯肉からの出血」、「歯肉の変色」、「歯肉の腫れ」などの自覚症状が起こり、
    進行した場合は「歯肉の高さが下がる」、「歯が動く」など目立つ自覚症状も起こります。

    …歯周病になると最終的に歯が抜けるため、その症状から高齢の人に限った病気に思われがちです。
    しかし、若くても歯周病になる可能性はあり、歯肉炎に至っては子供でも発症します。

    子供の虫歯に注意

    子供が「歯が痛い」と訴えてくると、親は子供の虫歯を予感するでしょう。
    しかし、子供がまだ乳歯の場合は痛みを感じなくても虫歯の可能性があります。

    乳歯の虫歯は痛みを感じにくい

    必ずしも痛みがないとは言い切れませんが、乳歯の虫歯は永久歯に比べて痛みを感じにくく、
    実際に歯科検診を受けて初めて虫歯が発覚するケースは稀ではありません。
    つまり子供の場合、「歯が痛い」と訴えなくても虫歯になっている可能性は充分あるのです。

    乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になりやすい

    乳歯はいずれ抜けるため、中には乳歯の虫歯を気にしない人がいます。
    しかしその考えは間違いで、乳歯が虫歯になることで後に生える永久歯にも影響。
    乳歯の虫歯が歯の根まで進行すれば、その近くに存在永久歯も虫歯の原因菌にまみれてしまうのです。

    …乳歯はやわらかく、また子供も歯磨きの技術が未熟なため、乳歯は虫歯になりやすい傾向があります。
    その意味では、子供の乳歯は永久歯以上に虫歯に注意しなければなりません。

    定期検診のすすめ

    歯の痛みの有無は口の中の健康状態を知る正確な根拠にはならず、
    そのため定期的に口の中の健康状態を確認してもらうことをおすすめします。

    予防治療を受けられる

    定期検診では口の中の健康状態を確認するだけでなく、虫歯や歯周病を予防するための治療を受けられます。
    実際、歯磨きだけで虫歯や歯周病を予防するのは難しく、
    定期検診での歯のクリーニング、ブラッシング指導などを受けると予防効果が高まります。

    虫歯や歯周病を早期発見できる

    虫歯や歯周病も、早期発見して治療すれば大きな事態にはならず、
    早期発見と早期治療の重要性はどんな病気でも言えることですね。
    その点、定期検診を受診すれば虫歯や歯周病の早期発見が可能です。

    …定期検診を受診すれば虫歯や歯周病を予防しやすくなり、さらに発症時も重症化を防げます。
    理想は3ヶ月に1回、それが難しいなら半年に1回ほどの頻度で受診すると良いでしょう。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、歯の痛みの有無と口の中の健康状態についてまとめます。

    1.虫歯の可能性:歯に痛みがなくても初期の虫歯、神経を失った歯の虫歯の可能性がある
    2.歯周病の可能性:歯に痛みがなくても歯周病の可能性がある
    3.子供の虫歯に注意:乳歯は痛みを感じにくく、また重症化すると永久歯に影響する
    4.定期検診のすすめ:定期検診の受診は、虫歯や歯周病の予防と早期発見につながる

    これら4つのことから、歯の痛みの有無と口の中の健康状態について分かります。
    歯が痛くなければ、確かに虫歯の可能性は低いかもしれません。
    しかしそれは100%ではなく、歯が痛くなくても虫歯になっているケースも考えられます。
    また歯周病はそもそも痛みを感じず、歯の痛みの有無は口の中の健康状態を示す正確な根拠にはなりません。

  • 舌のケアでお口のトラブル予防 2020.06.12

  • こんにちは。
    蒲田駅の菊地歯科医院です。

    今回はウイルス感染や口臭の原因でもある、舌苔(ぜったい)について情報発信していきます。
    舌苔という言葉を聞いた事はありますか?お口にどんな影響があるのか皆さんはご存知でしょうか?
    舌苔が発生するメカニズムを知って、毎日の口腔ケアにご活用してください。

    そもそも舌苔って何?

    舌苔とは、舌の表面の凹凸に付着した細菌や汚れの塊です。
    口臭だけでなく、味が感じにくくなったりします。
    年齢を問わず発生する原因としては、疲れた時や新陳代謝が上手にできない時もあげられます。
    また、舌の動きが弱くなる、少なくなるとより顕著にあらわれます。
    しっかりと食べ物を噛む、いっぱいお話をしたり、歌を歌ったりして唾液の分泌を促すのも必要ですね。

    お口のトラブル予防には舌苔の除去は必要です!

    朝起きた時や人と会う前に自分の口臭がどうしても気になってしまうことはありませんか?
    生活習慣(喫煙など)や磨き残し以外にも舌苔の付着も大きな原因です。
    お口の中には細菌が多く、食渣(食べかす)やはがれた粘膜に含まれるたんぱく質を分解して口臭をつくります。
    特に就寝時はお口の中が乾燥しやすい環境にある為、舌苔の付着量が1日の中で一番多いと言われています。
    また、細菌が多いということは、誤嚥性肺炎のリスクが高まるなどトラブルの原因にもつながります。
    しかし、完全に取り除こうと過剰にケアをしたり、こすったりするのは厳禁です。

    舌ケアのポイント!

    舌の清掃は歯を磨くよりもとてもデリケートなのです。
    舌の清掃はいつもの力で磨くと粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。
    今回は、当院で取り扱いのある、舌ブラシを使用してのやり方についてご説明します!!

    1.舌の真ん中より少し奥に舌ブラシを押し当て、そのまま舌の先までゆっくり動かす。この動作を3回行います。
    2.次に舌の側面です。舌の付け根に舌ブラシを押し当て、舌の先までゆっくり動かす。左右それぞれ2回ずつ行うようにしましょう。

    毎回の歯磨き時に行うよりは、1日1回(特に朝の歯磨き時がおススメ)を目安にすると良いでしょう!!

    いかがでしたか?
    歯を磨く事はとても大切です。しかし、口腔内の環境をより良くするためには、舌のケアもとても重要なのです。
    ホームケアをしっかりと行う為にも、定期的な歯科検診にて口腔内の環境を整えていきましょう。

  • 菊地歯科医院 管理栄養士 伊藤めぐみの歯周病の改善 2020.06.08

  • ビタミンC
    歯周病になると歯ぐきのコラーゲン繊維が壊れて歯ぐきがはれて出血するなどの症状が現れる。ビタミンCには「コラーゲン合成促進効果」があり、壊れたコラーゲン繊維の再生を促し、歯ぐきを健康に保つ。

    〇推奨量〇
    15歳以上の男女で100㎎/日
    〇ビタミンCを多く含む食べ物〇
    ピーマン 特に赤や黄
    (大1個約70㎎含有)
    ブロッコリー(1房約30㎎)
    アセロラ(1個約90㎎含有)

    ビタミンE
    ビタミンEには血行促進作用と抗酸化作用がある。歯ぐきの血液の流れが悪くなると免疫システムが著しく低下し、歯周病菌が大幅に増加する。ビタミンEには血行促進作用があり、免疫力の低下を防ぐ。また、歯ぐきの組織を破壊する活性酸素を抑制する働きもまり、歯ぐきの健康を保つ。

    〇推奨量〇
    12歳以上の女性…6.0㎎/日
    男性…7.5㎎/日
    18歳以上の男性…6.5㎎/日
    〇ビタミンEを多く含む食べ物〇
    アーモンド(約10粒で3㎎)
    かぼちゃ(茹で3切[130g]で6.1㎎)
    そのほか緑茶や油脂類に多い

    夏の旬の食材を使った歯周病予防・改善レシピ
    ~カラフルピーマンと鯵のナッツ炒め~

    ~カラフルピーマンと鯵のナッツ炒め~

    ~カラフルピーマンと鯵のナッツ炒め~

    夏の旬の魚・鯵鯵はタンパク質、良質な脂質、ビタミンB群やミネラル等体に良い栄養素がバランスよく含まれています。脳の活性化や血液サラサラ効果のあるDHAやEPAといった脂肪酸をたっぷり含んでいるのが特徴。また人の体内で生成できない必須アミノ酸(体を作るのに必要な栄養素)も多く含んでいます。

    ○材料(2人分)
    鯵…2切れ(1匹分を3枚におろしたもの)
    酒…小さじ1
    塩コショウ…適量
    片栗粉…適量
    赤ピーマン…1/2個(パプリカでもOK
    黄ピーマン…1/2個(パプリカでもOK
    緑ピーマン…1個
    ミックスナッツ(無塩)…30g(ひとつかみくらい)
    ごま油…適量
    【調味料】
    ・酒…大さじ1・オイスターソース…大さじ1
    ※パプリカの場合は大きいので1/4個

    1食分の栄養価
    エネルギー:193kcal
    タンパク質:9.5g
    脂質:10.9g
    炭水化物:11g
    ビタミンC:63㎎
    ビタミン:A3㎎
    食塩相当量:2g

    ○作り方

    【鯵の下処理】(新鮮な切り身の状態であれば軽く水洗いでOK)
    うろこが付いてれば包丁でこそいでとり、塩(分量外)を両面にまんべんなく降り10分程おく。キッチンペーパーで余分な水分を拭き、酒小さじ1を振りぬめりをとる。再度余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る。

    1. ピーマンはそれぞれへたと種を取り2cm角に切る。

    ピーマンはそれぞれへたと種を取り2cm角に切る。

    2. 鯵は一口大に切って塩コショウをふり片栗粉をまぶす。

    鯵は一口大に切って塩コショウをふり片栗粉をまぶす。鯵は一口大に切って塩コショウをふり片栗粉をまぶす。

    3. フライパンで(油は入れない)ナッツを炒り、香りがしてきたら一度器に出す。

    フライパンで(油は入れない)ナッツを炒り、香りがしてきたら一度器に出す。

    4. フライパンにごま油を熱し、中火にして2を皮目を下にして焼き、焼き色がついたら裏返して白くなるまで焼く。

    フライパンにごま油を熱し、中火にして2を皮目を下にして焼き、焼き色がついたら裏返して白くなるまで焼く。

    5. 鯵に火が通ったら一度器に取り出し、3をしんなりするまで炒める。

    6. フライパンに鯵、ナッツを加え炒め合わせて、調味料を入れ全体に絡まったら器に盛り完成。

    フライパンに鯵、ナッツを加え炒め合わせて、調味料を入れ全体に絡まったら器に盛り完成。

  • 歯が痛くなった当日に歯医者に行ったのに虫歯が進行と 2020.05.20

  • おそらく、大半の人は歯が痛くなると虫歯を予感、歯科医院に行って治療を受けようと考えます。
    皆さんがご存知のとおり虫歯は進行する病気であり、だからこそ早く治療を受ける必要がありますが、
    ただこの場合は既に虫歯が進行していると診断されるケースが大半でしょう。
    なぜなら、歯が痛くなった時点でその虫歯は既に進行しているからです。

    虫歯で歯が痛くなる理由

    歯の痛みと虫歯の進行の関係性を知るには、なぜ虫歯になると歯が痛くなるのかを理解しておきましょう。
    実は虫歯に限らず歯の象牙質は刺激に対して非常に敏感であり、例えば熱さや冷たさですら刺激となります。
    しかし、普段熱いものや冷たいものを飲食しても刺激を受けないのは、象牙質が保護されているため。

    歯の表面にはエナメル質があり、このエナメル質が象牙質を保護しているのです。
    言い換えれば、エナメル質の保護が失われてしまうと象牙質が刺激を受けるようになり、
    それで歯に痛みを感じてしまうのです。さて、虫歯は最初歯の表面に発生します。

    しかし進行すると歯に穴があき、その穴はどんどん深くなってやがては象牙質に到達、
    そうすると象牙質の一部が露出した状態になるため、様々な刺激によって歯に痛みを感じるようになります。
    つまり、虫歯で歯が痛くなるのは虫歯の進行によって穴が深くなり、象牙質が露出するためです。

    歯の痛みと虫歯の進行度

    「虫歯で歯が痛くなるのは、虫歯が進行して穴が象牙質に到達するため」…この事実から言えるのは、
    虫歯で歯に痛みを感じたということは、その虫歯は象牙質まで進行しているということです。
    ですから、歯に痛みを感じた時点で歯科医院に行っても、その虫歯は進行していると診断されます。

    進行前の初期段階で虫歯を治療するには、痛みを感じる前の時点で虫歯を発見しなければなりません。
    ここで問題なのは、痛みを感じる前に虫歯を自覚するのは難しいという点で、
    実際にあなたが現時点で歯が痛くないとして、果たして虫歯の可能性を考えるでしょうか。

    おそらく、多くの人は歯が痛くなった時に歯科医院に行き、
    歯が痛くなければ健康と解釈して歯科医院に行かない…そんなスタイルだと思います。
    しかし、そのスタイルでは虫歯を進行前に発見して治療することは不可能です。

    虫歯を初期段階で発見するには

    虫歯を初期段階で発見するには、歯に痛みを感じる前に虫歯を発見する必要がありますが、
    自覚症状が一切ない状態で虫歯に気づくのは難しいでしょう。
    そこでおすすめしたいのが、歯科医院で定期検診や予防歯科を受診することです。

    定期検診にしても予防歯科にしても虫歯の予防治療を受けられますが、
    それだけではなく歯の健康状態も確認するため、虫歯になっていればその時点で発見できます。
    もちろん、痛みを感じない初期段階の虫歯もその例外ではなく、確実に発見して治療できるのです。

    つまり、定期検診や予防歯科は虫歯を予防するだけでなく、
    虫歯になっても初期段階で発見して治療できるメリットがあり、歯を守るために受診は欠かせません。
    3ヶ月~6ヶ月に一度くらいの頻度で受診しておけば、虫歯の重症化を防げます。

    「歯が痛くない=健康」とは限らない

    歯が痛くないことは口の中の健康状態を知る目安にはなりますが、確実性はありません。
    例えば、次のケースではいずれも歯に痛みを感じることはないのです。

    初期段階の虫歯

    今回解説したとおり、初期段階の虫歯では歯が痛むことはありません。
    初期段階の虫歯は歯の表面のみの症状に留まっているため、
    エナメル質の保護によって刺激を受けることがなく、痛みを感じないのが理由です。

    神経を失った歯の二次虫歯

    一度虫歯治療した歯が再度虫歯になる…いわゆる虫歯の再発を二次虫歯と呼びます。
    この場合、最初の虫歯において神経を失っていると二次虫歯が発症しても痛みを感じないですし、
    例え二次虫歯が進行しても神経を失っている以上、痛みを感じることはありません。

    歯周病

    虫歯とは違いますが、歯周病も口の中の病気に含まれます。
    特に、歯周病は静かなる病気と呼ばれるほど自覚症状が少なく、
    歯に痛みを感じるのは歯周病が重症化した場合です。

    まとめ

    最後に、虫歯の進行と歯の痛みについてまとめます。

    1. 虫歯で歯が痛くなる理由 :虫歯が象牙質まで進行すると、象牙質が直接刺激を受けるようになるため
    2. 歯の痛みと虫歯の進行度 :初期段階の虫歯では歯に痛みを感じない
    3. 虫歯を初期段階で発見するには :定期検診や予防歯科を受診する
    4. 「歯が痛くない=健康」とは限らない :神経を失った歯の二次虫歯などのケースでは歯に痛みを感じない

    これら4つのことから、虫歯の進行と歯の痛みについて分かります。
    歯が痛むということは、既にその虫歯が象牙質まで進行していることであり、
    そのためすぐに歯科医院に行っても早期治療とは言えません。
    早期治療のためには虫歯を初期段階で発見する必要があり、痛みを感じてからでは遅いのです。

  • 歯に良い春のレシピ 2020.04.01

  • 菊地歯科医院の歯科助手・管理栄養士の伊藤めぐみです。
    昨今の全世界規模の新コロナウイルス感染症は大変怖いですね。マスク、手洗い、うがいなど感染対策ももちろん大切ですが、体の免疫力を高めるのもとても大切です。
    そこで、免疫力も高めつつお口の健康を考え、かつ春の旬野菜を使い季節を感じて楽しめるレシピをご紹介します。

    春野菜の炊き込みご飯

    エネルギー…300kcal
    炭水化物…59.1g
    タンパク質…8.3g
    脂質…2.2g
    カルシウム…98mg
    ビタミンA…40㎍
    ビタミンD…1.4㎍
    食塩相当量…1.1g

    ビタミンDの目安量

    18歳以上の男女…5.5㎍/日

    カルシウムの推奨量

    15歳以上の女性650mg/日
    15~29歳の男性800mg/日
    30~49歳の男性650mg/日
    50歳以上の男性700mg/日

    きのこ

    きのこ類にはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富に含まれています。特に舞茸はキノコ類の中でも多く含まれます。ビタミンDには血液に入ったカルシウムを骨まで運ぶ働きがあり、 また、骨をつくる骨芽細胞の働きを促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

    菜の花

    βカロテンを豊富に含んでいるのが特徴です。ビタミンAはエナメル質の強化に必要な栄養素です。またカリウム、カルシウムをはじめ、マグネシウムやりん、鉄などのミネラルを豊富に含んでいます。どれも骨を生成する上で欠かせない成分です。

    じゃこ・さくらえび

    歯の成分となるカルシウムが豊富に含まれています。
    またちりめんじゃこにはカルシウムの吸収を助けるビタミンDも多く含まれています。

    玄米、じゃこ、タケノコで歯ごたえUP

    よく噛んで歯を強くしましょう。

    春の食材をたっぷり使った献立例

    ・春野菜の炊き込みご飯
    ・鰆の塩焼き
    ・付け合わせ(芽キャベツ)
    ・味噌汁(豆腐・わかめ・油揚げ)

    分量(炊飯器2合分)

    玄米…2合分(1カップ)
    調味料A(醤油大さじ2 酒大さじ1 みりん大さじ1 顆粒和風だし小さじ1)
    菜の花…1/2束
    たけのこ(水煮でOK)80gくらい
    まいたけ…1/2パック
    ちりめんじゃこ…大さじ1.5
    サクラエビ…大さじ1.5

    作り方

    1. 玄米は炊飯器に入れ種類に応じて2時間以上水に浸しておく。(後程調味料を入れるので2合の目盛りより少なめの水で浸す)
    2. たけのこは短冊切り、まいたけは食べやすい大きさにほぐす。
    3. たけのこ、まいたけ、調味料Aを炊飯器に入れ炊く。(玄米モードで炊く)
    4. 菜の花は沸騰したお湯に茎から入れて1分半ほどゆで、冷水にさらしておく。
    5. 炊けたら、水を切った菜の花とちりめんじゃことサクラエビを混ぜる。

  • 定期検診を受診することはなぜ必要なのですか? 2020.04.01

  • 歯科医院では、患者さんに定期検診の受診をすすめています。
    ただ、現状では歯科医院に行くのは症状を治すことだけが目的と考える人が多く、
    そのため検診を受けることに抵抗を感じる人も少なくありません。
    確かに費用はかかりますが、定期検診を受けることは大切なことだと知っておきましょう。

    虫歯の早期発見

    おそらく、みなさんも虫歯を治すために歯科医院に行ったことがあると思いますが、
    実は歯が痛んでから歯科医院に行くのは治療のタイミングとして遅いのです。
    と言うのも、初期の虫歯に痛みはなく、痛みを感じる時点でその虫歯は既に進行しています。

    そうなると問題なのが、痛みを感じなければそもそも虫歯の発症に気づかないという点で、
    そのため初期の虫歯を自覚することは難しいのです。
    しかし、定期検診を受ければそんな初期の虫歯も発見でき、進行前に治療できます。

    ・発見が難しい初期の虫歯も、定期検診を受診すれば発見できる
    ・初期の段階で虫歯を発見すれば、歯を削らずに治療できることもある

    歯周病の早期発見

    歯周病は「静かなる病気」と呼ばれており、それは目立った自覚症状がないのが理由です。
    虫歯の場合は歯の痛みという分かりやすい自覚症状がありますが、
    歯周病はそこまで明確な自覚症状がなく、そのためいつの間にか発症しているケースがほとんどです。

    発症に気づかなければ治療を受けようと考えず、そうすれば歯周病はどんどん進行してしまいます。
    実際、歯を失う要因として歯周病は最も多く、やはりそれは歯周病の発症に気づかず、
    重症化してしまう人が多いのが理由でしょう。ただし、定期検診を受ければ、歯周病の発見も可能です。

    ・自覚症状の少ない歯周病も、定期検診を受診すれば発見できる
    ・歯周病を早期発見して治療すれば、歯を守ることができる

    虫歯や歯周病の予防効果向上

    定期検診を受診すれば、虫歯や歯周病の予防効果が高まります。
    と言うのも、定期検診のメニューの中には予防治療が含まれており、
    例えばブラッシング指導を受けることで歯磨きの精度が高まって磨き残しを減らせます。

    さらに、生活習慣のヒアリングとその改善のアドバイスを受けることで、
    虫歯や歯周病が発症しにくい口腔内の環境作りが可能です。
    実際、自分だけで虫歯や歯周病を予防するのは難しく、予防のためには定期検診の受診は欠かせません。

    ・定期検診の受診は虫歯や歯周病の予防効果を高める
    ・予防メニューとして、ブラッシング指導や生活習慣改善のアドバイスなどがある

    詰め物の状態を確認

    詰め物を入れている人にお伝えしたのは、その詰め物は永久の使用は不可能だということです。
    そもそも詰め物は人工物であり、年数の経過によって劣化が起こるとやがて寿命になります。
    そうなると詰め物の接着が弱まり、隙間が発生することで細菌が入り込んでしまうのです。

    このような流れで起こるのが二次虫歯で、文字どおり虫歯の再発です。
    二次虫歯を予防するためには詰め物の劣化や異常に気づく必要がありますが、
    やはり自分でそれに気づくのは難しく、歯科医院で定期検診を受診するのが確実でしょう。

    ・定期検診の受診は二次虫歯の予防につながる
    ・劣化した詰め物を発見して、新品のものへ交換できる(費用は発生する)

    治療費の総額は安くなる

    定期検診の受診に抵抗がある人の中には、お金がかかることを理由にする人がいます。
    確かに、定期検診を受診すれば費用が発生しますが、
    受診せずに虫歯や歯周病になることを考えれば、治療費の総額はむしろ安くなるのです。

    定期検診の場合、メニュー次第で費用が異なるため一概に断言はできませんが、
    一般的には保険適用で3000円~4000円くらいのケースが多いでしょう。
    一方、虫歯や歯周病の治療を繰り返せばそれより治療費は高くなり、歯を失った場合は尚更です。

    ・虫歯や歯周病の治療費を支払う場合と比較すれば、定期検診の費用は総額的に安くなる
    ・定期検診の費用は保険適用で3000円~4000円くらい

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、定期検診の受診の必要性についてまとめます。

    1. 虫歯の早期発見 :初期の虫歯は自覚しづらいが、定期検診を受診すれば確実に発見できる
    2. 歯周病の早期発見 :歯周病は自覚症状が少ないが、定期検診を受診すれば確実に発見できる
    3. 虫歯や歯周病の予防効果向上 :定期検診を受診すれば、ブラッシング指導などの予防治療を受けられる
    4. 詰め物の状態を確認 :定期検診では詰め物の劣化を確認するため、二次虫歯を予防しやすくなる
    5. 治療費の総額は安くなる :虫歯や歯周病の治療費と比較すれば、定期検診を受診した方が安くなる

    これら5つのことから、定期検診の受診の必要性について分かります。
    定期検診を受診すれば虫歯や歯周病の重症化を防ぎ、なおかつ予防もしやすくなります。
    このため、大切な歯を守るためには定期検診の受診は欠かせず、
    半年に1回、それが無理なら1年に1回は受診して口腔内の健康維持に努めましょう。

  • 菊地歯科医院での新コロナウイルス・インフルエンザ対 2020.03.16

  • 新コロナウイルスの猛威に私も含め当院のスタッフ全員が戦々恐々としています。
    しかしながら、ただ怖がっていても仕方ありませんので、できる限りの対策を日々考え実行しております。

    当医院では、ウイルス対策として次亜塩素酸水による加湿噴霧にて「診療室の空間そのもの」を除菌しております。待合室や診療室では不特定多数の患者さまが来院されますので、マスクや器具の滅菌消毒だけでなく「空間そのもの」を除菌することで感染リスクを大幅に軽減しております。
    また、使用する器具機材はほぼすべて高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)3台をフル稼働させて滅菌をしております。滅菌できないものは、高圧洗浄機(ジェットウォッシャー)による処理を行い細菌やウイルスの完全除去を行っています。また、治療台まわりや受付のカウンター、ブラッシングコーナーもアルコールおよび次亜塩素酸による消毒を頻繁に行っております。治療台のコップのお水も希釈された次亜塩素水が入っておりますので、洗口する際に自動的に患者様のお口も消毒されています。飲んでも問題ありません。もちろんスタッフ全員も次亜塩素酸水でうがいを行っております。

    患者様へのお願い

    待合室でのお待ちの際や診療室への入室に受付カウンターにある次亜塩素酸水で手指消毒をお願いします。若干プールのような臭いがいたしますが害はありませんのでご安心ください。

    POICウォーター(次亜塩素酸水)の販売について

    当院の患者様にのみPOICウォーターの販売を行っております。
    口腔ケアだけでなく、ご自宅での感染予防対策としても効果があります。