お問い合わせ・ご予約

初診予約専用TEL

050-7582-9072

再診予約・その他

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

6月, 2019年

  • Dr山ノ井のiGO ブログ 2019.06.26

  • Dr山ノ井のiGO ブログ

    蒲田の菊地歯科医院

    勤務医の山ノ井と申します。出身は徳島県です。

    実は私も矯正治療の経験者です。

    初めて歯の矯正治療を行ったのは、かれこれ15年前になりますが。

    その時は一般的なワイヤーでの矯正治療でした。

    20代の若い時期でしたので、選択肢がなかったとはいえワイヤー矯正は女性ながら見た目が悪く抵抗がありました。

    ワイヤー装置での治療終了後、歯の戻りを防ぐ保定装置をしっかりしなかったこともあり、少しずつ治療前に戻ってしまい隙間が空くという状態になりました。

    患者さんの歯を治す立場でありながら、反省しております。

     

     


       
    歯は、隣の歯としっかり接していることが理想的であり、それは見た目だけでなく機能的な面でも重要なポイントです。

    歯科医師ですが、私も患者さんになり菊地歯科医院でいちおしのiGoを使い治していきます!

     

    5/16
    まずはシミュレーションしてみます。
    誰も型をとってくれないので、自分で取ります…

     

    このシュミレーション画像では分かりにくいですが、歯の隙間がしっかりと埋まり、理想的な歯並びになっています。

    ワイヤー矯正で頑張った結果を取り戻すことができそうですね。

    iGoの場合、動かせる歯は上下小臼歯から小臼歯までです。私の場合は8ステージ(8個のマウスピースで徐々に治していく)と結果がでました。
    30代という年齢では、10日ごとに交換する治療内容となり、約3ヶ月で終わりそうです。

    え?そんな短い期間で治るの!?と驚きです。

    5/23
    アライナーが届きました。矯正用のマウスピースを「アライナー」と呼びます。

    歯科衛生士さんに、アタッチメントという凸を歯の表面につけてもらいました。
    次に 歯と歯の間を0.2mm削って指示された隙間を作ります。
    アライナーがしっかり歯にフィットするため、効率の良い治療結果が得られます。

    一つ目のアライナーを付けてみました。

    以前のワイヤー矯正と比べると、治療していることが見た目からは分かりません。

    少し喋りづらいかな?という印象です。

    と言っても、ワイヤー矯正ような明らかな痛みやたくさんの口内炎といった症状はなく快適です。

    5/28
    かなりアライナーにも慣れました。当初あった会話の支障も今では影響がありません。
    5/30

    昼食のあと、歯磨きをしてスッキリ!そのままアライナーを入れ忘れるということが続いています。年のせいではありません。(と思いたい)

    気づいたらすぐ装着しています。

    6/2
    2つ目のアライナーに交換です。
    ひとつ目ほど違和感はありません。
    しかも、矯正治療前は眠れないほど酷かった肩こりがなくなってる事に気付きました。左側の咬筋(食いしばり)が痛かったのも無くなってます。
    これもアライナー矯正治療の思わぬ効果!

    6/5
    アライナーを「入れていることを忘れる」ことが増えました。

    まるで私とアライナーが一体化したみたい!?(笑)

    会話についても、アライナーを装着していてもまったく違和感がありません。

    6/12
    3つ目に交換です。
    もう慣れたものです。このまま最後までしっかり治療していきます!

    6/18
    ホームホワイトニングも一緒にやっちゃおう。
    ホワイトニングもマウスピース治療なので、一石二鳥です。

    ぜひ皆さんにもおススメです!

  • お口のトラブルは細菌感染症が原因 2019.06.17

  • こんにちは、蒲田の菊地歯科医院です。

    関東でも梅雨入りとなり、またここ数日では気温の寒暖差もあり
    体調管理が難しくなっていますね。

    これからさらに暑くなり、何かと健康が気になる季節でありますが
    お口のトラブルが全身の健康に大きく影響があることを
    皆さんはご存じでしょうか?

    そう、お口には無数の細菌が存在しています。
    胃や腸にも、色々な細菌がいるように、
    実はお口にも多くの細菌が常に活動しています。
    (消化などにとって重要な細菌たちも多くあります)
    むし歯菌や歯周病の原因菌もそのひとつです。

    皆さんはむし歯や歯周病が「ケガ」など外傷と思っていませんか?
    いいえ、これらは「細菌感染症」であり
    それら菌の活動が活発になることで症状として、むし歯など痛みになってきているのです。

    この菌は人により個人差があり、多い人・少ない人・後から増えた人など
    生まれつきの体質、生活習慣などでどんどん変化していくものです。
    よく「むし歯になりにくい」なんてお友だちがいませんでしたか?
    もちろん歯質がむし歯菌の出す毒素に強い人もいますが
    多くの要因が「菌の多さ」なのです。
    菌が多ければ多いほど、そのリスクや影響が大きくなるということになります。

    どんなに丁寧に歯みがきをしても、磨き残しが必ずあります。
    (これは歯みがきのクセもあるので、次回に詳しくお伝えします)
    この磨き残しをエサにして、菌が活発になり量が増えたり毒素を出すことにより
    それが細菌感染症となって身体に大きな影響を与えているのです。
    この菌の「数」に個人差があり、むし歯になりにくい・なりやすいなど
    リスクそのものが違ってくるのです。

    むし歯や歯周病を放っておくと、菌が増殖していますので
    当然ながらどんどん菌が増えていきます。
    まず治療して、今の症状を悪化させないようにすることが最優先で
    さらに原因菌を増やさないことが大切です。
    そしてお口をきれいに保つこと。
    菌をすべて取り除くことはできませんが、
    キレイなところには菌は居心地が悪いものです。
    この維持により、お口のトラブルを守っていきましょう。

    そして、菌が多い人は「多い」ということを自覚し
    それに合ったケアをしていくことで、
    ご自身にあった歯の守り方を習得しましょう。

    歯医者さんでは、だ液検査などにより個人ごとの細菌の種類や細菌数を測り
    適切なケア方法を指導してもらえます。

    どうか、むし歯や歯周病になる前に、
    残念にもなってしまったらそれを増やさないように、
    ぜひご自分の状態を把握してみましょう。

    菊地歯科医院では患者様のお口の中の虫歯のリスクと歯周病の原因菌を調べています。
    虫歯や歯周病のリスクや状態を知りたい方はお気軽にスタッフにご相談ください。
    検査費用は1500~15000円です。顕微鏡検査は無料です。

    次回は、磨き残しの原因「歯みがきの“クセ”」をお届けします!

  • ホワイトニングで白くならない歯、なりにくい歯につい 2019.06.11

  • 知っていましたか?
    ホワイトニングで白くならない歯、なりにくい歯があることを!
    また、場合によってホワイトニングを処置してはいけない場合もありますので、歯科医師の診断で確認しましょう。

    菊地歯科医院 衛生士リーダーの影山です。菊地歯科医院のホワイトニングを担当させていただいています。
    今回は前回に続きホワイトニング特集をお送りします。
    ホワイトニングは「全部の歯が白くなる」と思われていませんか?
    実は、患者さんの症状やこれまでの治療歴から、そうではない場合もあります。
    ホワイトニングは通常、歯科医院での診断をもって専用のジェルを使いご自身の歯のエナメル質を漂白することを言います。
    つまり、ご自身の歯以外のたとえば差し歯や詰め物、入れ歯は残念ながら白くすることができません。
    ほかにも、痛みはなくても虫歯や歯周病になっている、歯の表面が削れている摩耗している、意外と気づいていないことが多い歯にひびが入っている場合は知覚過敏や痛みが出る場合があります。

    以下に該当する場合は、特に注意が必要です。

    妊娠中やお子さまの授乳中

    ホワイトニングは、身体にとって刺激となるためお控えください。

    抗生物質が原因で歯が黒くなっている場合

    テトラサイクリン(抗生物質)の影響で歯が茶色や灰色に変色している場合があります。

    歯ぎしり・くいしばり

    大きな力がかかっているため、歯の表面(エナメル質)が削れたり、剥がれたり、ひびが入っていることがほとんどです。知覚過敏が起きやすい状況にあるためホワイトニングすることができません。しっかり事前検査しておきましょう。

    神経がない

    過去の治療において、歯の神経がない場合は、治療後に歯の内部の象牙質が変色するため徐々に黒ずんでくるため通常のホワイトニングではほとんど効果が期待できません。別の治療法でウォーキングブリーチという方法をお勧めします。

    無カタラーゼ症

    絶対にホワイトニングを行えない方です。

    このように、ホワイトニングには専門的な診断や検査が必要です。事前に必ず歯科医師、歯科衛生士にご相談ください。また、お急ぎで歯を白くしたい場合には、マニキュアのように「歯の表面をコーティングする」という方法もございます。
    お気軽にご相談ください。お待ちしております。
     

  • 虫歯になると歯が痛くなるメカニズムを教えてください 2019.06.01

  • 歯の痛みは虫歯を予感しますが、仮に虫歯で歯が痛くなった場合、「歯の痛み=虫歯の始まり」ではありません。
    つまり、歯が痛む以前に虫歯は発生しており、その虫歯が進行して歯が痛むようになったのです。
    では、なぜ虫歯になると歯が痛むのでしょうか。また、なぜ虫歯の始まりでは歯が痛まないのでしょうか。
    そこで、今回は虫歯になると歯が痛くなるメカニズムについて解説していきます。

    初期の虫歯で歯が痛まない理由

    そもそも象牙質(歯の主体をなす硬組織)はとても敏感であり、
    そのため冷たさや熱さなどを感じただけでも刺激となって痛みます。
    しかし、普段こうした温度で歯が痛まないのは、象牙質がエナメル質によって保護されているからです。

    歯の表面はエナメル質で覆われており、このエナメル質が象牙質への直接の刺激を防いでいます。
    虫歯は歯の表面に発症しますから、エナメル質の保護によって痛みを感じないのです。
    ただし歯の見た目には変化があらわれ、患部が黒や茶色に変色します。

    虫歯が進行すると歯が痛む理由

    虫歯になると歯に穴があき、進行するとその穴はどんどん深くなっていきます。
    このため、発症時は歯の表面だけ穴があいた状態ですが、進行すると虫歯の穴は象牙質まで到達するのです。
    そして、この状態になると象牙質が直接刺激を受けるため、歯が痛んでしまいます。

    例えば水を飲んだ時、虫歯の穴に入った水の冷たさが象牙質に刺激となり、その刺激で歯が痛みます。
    これが虫歯で歯が痛む理由であり、いわゆる「冷たいものや熱いものを食べると歯が痛む状態」です。
    また、さらに虫歯が進行して歯髄まで到達した場合、神経が炎症を起こしてズキズキとした激痛を感じます。

    虫歯が進行しても歯が痛まないケース

    虫歯は発症時こそ痛みを感じませんが、象牙質まで進行することで歯が痛みます。
    では歯が痛くない人の場合、その人に虫歯があっても象牙質まで進行していないと断言できるのでしょうか。
    その答えはノーで、なぜなら虫歯が進行しても歯が痛まないケースがあるからです。

    ケース1. 神経が死んでしまうほど進行した虫歯

    虫歯が神経まで進行すれば、神経に炎症が起こることで痛みどころか激痛を感じます。
    しかし、そのままにしておくと一変して痛みを一切感じなくなるのです。
    もちろん虫歯が治ったわけではなく、それは虫歯によって神経が死んでしまったのが理由です。

    ケース2. 神経を失った歯に起こった二次虫歯

    二次虫歯とは虫歯の再発で、一度虫歯治療した歯が再度虫歯になることを意味します。
    そして、最初の虫歯治療で神経を除去している場合、二次虫歯が起こっても歯が痛むことはありません。
    これは神経を失っているため感覚がなくなり、そのため虫歯による歯の痛みを感じなくなるからです。

    虫歯で歯が痛む時にするべき応急処置

    虫歯で歯が痛む時、何よりすべきなのは歯科医院に行くことです。
    ただ、実際には歯が痛むタイミングによってそれができないこともあるでしょう。
    そんな時は次の応急処置で痛みを軽減させられます。ただし、治療としての効果は一切ありません。

    冷やす

    虫歯で歯が痛む時は冷やすのが基本ですが、注意する点として患部を直接冷やさないことです。
    直接冷やすとその冷たさが刺激となり、むしろ痛みが増してしまう可能性があります。
    そこで、冷水で濡らしたタオルや解熱シートを貼り付けるなどして頬側から冷やしてください。

    鎮痛剤を飲む

    効果の欄に「歯痛」を明記されている鎮痛剤なら、虫歯の歯の痛みも軽減させられます。
    これは歯科医院で処方されたものは当然として、市販の鎮痛剤でも構いません。
    ただし痛み止めに即効性はないため、頭痛や腹痛時同様に効果があらわれるまで少し時間がかかります。

    ぬるま湯でうがいをする

    冷水や強いうがいは、患部への刺激となるため控えましょう。
    温度の面で刺激の少ないぬるま湯にして、患部を傷つけないように丁寧なうがいを繰り返します。
    虫歯の穴に食べカスが詰まっている場合は、こうしたうがいで食べカスを除去して痛みを軽減させられます。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、虫歯になると歯が痛くなるメカニズムについてまとめます。

    1. 初期の虫歯で歯が痛まない理由 :歯の表面はエナメル質で保護されているため
    2. 虫歯が進行すると歯が痛む理由 :虫歯の穴が象牙質に到達することで、象牙質が直接刺激を受けるため
    3. 虫歯が進行しても歯が痛まないケース :神経が死んでしまった歯、神経を失った歯の二次虫歯
    4. 虫歯で歯が痛む時にするべき応急処置 :冷やす、鎮痛剤を飲む、ぬるま湯でうがいをする

    これら4つのことから、虫歯になると歯が痛くなるメカニズムについて分かります。
    虫歯になると歯が痛くなるメカニズムで最も覚えておいてほしいのは、
    虫歯になると必ずしも歯が痛むとは限らないということです。

    虫歯が象牙質まで進行すると歯が痛みますが、それ以前…つまり進行前の虫歯では歯が痛まないですし、
    神経を失った歯も虫歯による歯の痛みを感じません。
    それはつまり、「歯が痛くない=虫歯がない」と言い切れないということになるのです。