お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

10月, 2021年

  • 抜歯やインプラントオペを行い、食事が取りづらい方に 2021.10.29

  • 皆さまこんにちは。
    蒲田の歯医者、菊地歯科医院 歯科助手・管理栄養士の伊藤です。

    今回は抜歯やインプラントオペを行い、食事が取りづらい方に向けた食事の工夫についてお話をしていきます。

    抜歯や外科的な手術をした後は、程度にもよりますが、痛みがあったり、噛みづらかったり、しばらく食事が取りづらくなるかと思います。
    そういう場合、なるべく柔らかいものをという選択になってくるかと思いますが、どんな柔らかいものを食べていますか?
    よく耳にするのは、お粥やうどん、ゼリー等があげられると思います。
    このような柔らかく食べやすいものは糖質がメインのものが多く、栄養が偏ってしまい、歯周病やむし歯の進行などお口の中は悪い環境になり、身体全体にも影響を及ぼす可能性があります。

    糖質以外の栄養素を摂るコツとは?

    まず、柔らかく食べやすい糖質以外の食材についてです。
    ・豆腐や豆乳、おから…大豆たんぱく質を多く含み、良質な脂質も摂れます。
    ・ヨーグルト…たんぱく質、カルシウムを摂ることができます。
    ・柔らかい果物…物によりますが様々なビタミンを摂取できます。
    (バナナは糖質メインですがカリウムを多く含みます。)
    ・アボカド…カリウムを多く含み、良質な脂質が摂れます。
    ・卵…たんぱく質、脂質、様々なビタミンを含みます。
    (溶いてお粥に入れると食べやすく栄養価も上がるのでオススメです♪♪)
    ・茶碗蒸し…卵がメイン食材なのでいろいろな栄養素が摂れます。

    続いてたんぱく質やビタミンが含まれる肉・魚、野菜の食べ方の工夫を紹介していきます。

    ・根菜…根菜は柔らかくしっかり煮込むことで食べやすくなります。厚さは厚すぎても薄すぎても食べづらいので、5㎜~8㎜程度がおすすめです。
    ただしごぼうやれんこんは長時間煮込んでも歯ごたえがあるので、人参や大根がおすすめです。
    ・葉物野菜…薄く噛み切りにくいので、茹でて巻いて厚さを持たせると食べやすくなります。ビタミンを多く含むので手間は増えますが摂取していきたいですね。
    ・肉…筋を切ったり、取り除くのがポイント。繊維を断つように包丁を入れると良いです。柔らかくなる調味料(塩こうじやヨーグルト等)に漬け込むのもよいでしょう。
    ・魚…火を通して身をほぐしたり、お肉と同じような調味料に浸けて調理すると良いでしょう。

    少し工夫をすると食事も幅が広がって楽しめると思います。
    少しの間、普通に食べれないストレスがあり大変ですが、身体とお口の中の健康を守っていきましょう(^_-)-☆

  • 30歳代女性「前歯が出ている」インビザラインGoで 2021.10.27

  • 年齢と性別   30代 女性
    ご相談内容 以前より前歯の歯が出ているのが気になるとのことでご来院されました。
    カウンセリング・診断結果 患者様とお話しした限り、マウスピースでの矯正治療を希望されましたので、iTeroにて光学印象(口腔内スキャン)を行い簡易無料シミュレーションを行いました。
    シミュレーション画像に患者様は納得されましたので精密検査を行いました。
    奥歯のかみ合わせはさほど問題ありませんでした。
    行った提案・
    治療内容
    精密検査の結果では上前歯部の突出感はかなり改善されていたので、患者様にインビザラインGo での治療法を提案しました。
    アライナー(マウスピース)の交換枚数は17枚で治療期間は170日です。患者様は治療希望されましたのでアライナーの注文をしておよそ3週間後より治療開始。IPRという歯と歯の間を削る処置とアタッチメントという装置を歯の表面に着けてアライナー生活が始まりました。
    アライナーは1日20時間以上付ける必要がありますが、食事や歯ブラシの時は外せます。
    治療期間 治療期間はおよそ6か月。
    費用 およそ50万円くらいです。
    術後の経過・
    現在の様子
    アライナー矯正後は後戻りという状態を防ぐためにリテーナーという装置を一定期間装着してもらっています。現在、後戻りもなく噛み合わせも問題ありません。
    治療のリスク 治療リスクは矯正治療中にしっかりセルフケアをしないと虫歯のリスクが高くなるのと、歯が着色しやすくなります。
    当然ですがアライナーをキチンと装着しないと歯は予定通り動きません。

    治療前

    治療後

  • 出産後の口腔ケアについて 2021.10.25

  • こんにちは。蒲田の歯医者 菊地歯科医院の歯科助手の細谷です。

    すっかり季節も秋になり涼しく過ごしやすい気温になりましたね。
    10月に入り今年も後2ヶ月・・・。あっという間で驚きですね(°_°)
    さて、突然ですが私には3つ年上の姉がいます。そんな姉が先月女の子を出産しお母さんデビューをしました!
    とっても可愛くて毎日癒されてます(^^)

    なので今回は、妊娠中、出産後の口腔ケアについてお話していこうと思います。

    昔はよく「一子を得ると一歯失う」と言われていた事もあります。
    今でも「妊娠をすると歯周病になりやすい」とも言われています。
    このように妊娠によって虫歯や歯周病になるリスクは高いと言われますがきちんとした口腔ケアを行なっていれば予防する事は可能です。

    妊娠中はつわりなどで気分が悪く歯磨きが出来なかったり、食事の回数が増えて歯垢がたまりやすくもなります。
    出来るだけ気分がいい時に歯磨きを行い、ひどければブクブクうがいだけでも構わないので行うようにすると良いです。

    妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいのですが、自分ではなかなか気付きにくいものです。(初期段階だと尚更。。)
    その為、つわりが落ち着いてくる4〜5ヶ月を目安に妊婦歯科検診を受診するようにしましょう!
    お医者さんから何か気をつける事など言われていましたら、歯医者さんに必ず伝えるようにして下さい。
    また、妊娠中はビタミンA.B.C.Dが不足しがちです。特にビタミンBの不足は歯肉炎を悪化させる原因にもなります。必要以上に気にする事はありませんが、偏食は避けるようにしましょう。

    出産後はホルモンバランスが元に戻り歯茎の腫れも改善されていきます。
    しかし、産後の体調や育児によるストレス、時間制限などの理由からお口の中のプラークコントロールがきちんと出来なくなり痛みやしみる、歯ぐきが腫れるなどの症状が出てしまっても育児の忙しさで歯医者さんへの通院が難しい・・・そのような場合もあるかと思います。

    大変だと思いますが、少しの時間でもブラッシング指導や歯石除去を受けることをオススメします♪
    ご自宅でも食事の後の歯磨きを意識し、忙しければうがいだけでもしてください!
    赤ちゃんも大事ですが自分も大事にして下さいね(^^)

    菊地歯科医院ではベビーカーでの通院も可能なので気になさる事なく通院していただけます!
    その際は遠慮なくスタッフにお伝え下さい(^^)
    分からないことがあれば気軽にお尋ねくださいね♪

  • 歯の痛みは冷やせば解消することができますか? 2021.10.15


  •  

    身体の痛みへの応急処置として、「冷やす」「温める」の方法が挙げられますが、

    どちらが正しい方法なのかは痛みの種類によって異なります。

    歯の痛みの場合は前者…つまり冷やすのが正解であり、冷やすことによって痛みを緩和することができます。
     
     
    ただ、冷やす時には注意点がありますし、冷やすのが正しい理由についても知っておいた方がいいでしょう。

    また、冷やすことだけが応急処置ではないため、他の方法も知っておくと便利です。

    そこで、ここでは歯の痛みに対する応急処置について解説していきます。

     

    冷やすのが正しい理由

    歯が痛む理由はさまざまですが、一般的には神経の圧迫によるものだと考えられます。

    ちなみに、温めた場合は血行が良くなります。
     

    • お風呂に入る
    • お酒を飲む
    • 運動する

     
    たとえば、いずれの行為も「身体温まって血行が良くなる」ということを知っている人も多いでしょう。

    ただ、血行が良くなるということは血流が盛んになるということですから、神経がより圧迫されることになります。

    神経の圧迫によって痛みを感じる状態でさらに神経が圧迫されれば、痛みが増すのは言うまでもありません。

    つまり、歯の痛みに対して温めるのは逆効果であり、この場合は冷やすのが正しいのです。

     

    冷やし方に注意する

    冷やすというのは歯にとって刺激となるため、過剰な刺激を与えるのは逆効果です。

    言い換えれば、「冷やしすぎるのは良くない」ということです。

    そこで注意しなければならないのが、歯を冷やす時の冷やし方になります。

     

    • 氷を口に含む
    • 冷水でうがいをする

     
    このように、患部を直接冷やすのは刺激となり、余計に痛みが増してしまう可能性があるのです。

    そのため、頬側から冷やすのが正しい冷やし方であり、

    「濡れタオルを当てる」「解熱用のシートを頬に貼る」などの方法で冷やしましょう。
     

    冷やす以外の応急処置

    歯が痛む時は、冷やす以外にも以下の方法で痛みを緩和させることができるので、覚えておくと便利です。

     

    痛み止めを飲む

    歯科医院で処方されたものはもちろん、市販の痛み止めでも構いません。

    効果の欄に「歯痛」「歯の痛み」などの記載があるものは、歯の痛みを緩和させることがあります。

    ただし、頭痛や腹痛の時同様に痛み止めには即効性がないため、効果が出るまでに少し時間がかかります。
     

    正露丸を詰め込む

    腹痛への対処として有名な正露丸は、歯の痛みにも対処できます。

    ただし、歯痛の対処は使用方法が異なり、「飲む」ではなく「詰める」という方法になります。

    患部に押し込んで詰めることで痛みが緩和され、詰め込んだ正露丸は時間の経過で溶けていきます。
     

    救急センターに行く

    夜遅い時間に歯が痛んだ時、歯科医院に行きたくても行けませんが、救急センターなら対応することが可能です。

    「自分の住んでいる地域・歯科・救急」もしくは「自分の住んでいる地域・歯科・夜間」などで検索すれば、

    最寄りの歯科救急センターの場所がすぐ分かるので、緊急時に備えて調べておくといいでしょう。
     

    歯が痛む時にやってはいけないこと

    歯が痛む時、やってはいけないことについても覚えておきましょう。
     

    温める

    上記で解説したとおり、歯が痛む時に温めるのは逆効果です。

    正確には血行が良くなる行為は逆効果なので、「入浴」「運動」などにも同様のことがいえます
     

    患部に触れる

    歯が痛むとどうしても気になってしまい、患部に触れる人がいます。

    しかし、触れることで指についていた細菌まで付着してしまう可能性があるため、患部に触れてはいけません。
     

    歯磨きする

    患部を綺麗するために歯磨きする人がいますが、歯が痛む時にゴシゴシ磨くと患部を傷つけてしまいます。

    もちろん歯磨きは大切ですが、痛みを緩和させるのが目的の場合は「ぬるま湯でのうがい」が効果的です。

    うがいをする際も、やさしいうがいを何度も繰り返すようにしましょう。
     

    まとめ

    いかがでしたか?

    最後に、歯の痛みの解消方法についてまとめます。

     
    1. 冷やすのが正しい理由 :温めると血行が良くなり、神経を圧迫させてしまうことで痛みが増す

    2. 冷やし方に注意する :直接冷やすと患部への刺激になるため、頬側から冷やすようにする

    3. 冷やす以外の応急処置 :痛み止めを飲む、正露丸を詰め込む、救急センターに行く

    4. 歯が痛む時にやってはいけないこと :温める、患部に触れる、歯磨きする
     

    これら4つのことから、歯の痛みの解消方法について分かります。

    いずれの方法で緩和させた場合も、起こっている症状に対する治療効果は一切ありません。

    そのため、たとえ痛みが収まったとしてもそのまま放置しておいてはいけません。
     
     
    ここで紹介した方法はあくまで応急処置であり、一時的な痛みの緩和のみの効果でしかなく、

    後日必ず歯科医院に行って診察してもらいましょう。そうしなければ、再び歯が痛くなってしまいます。

    今回お伝えしたのは、「歯に起こっている症状を治す方法」ではなく「歯の痛みを一時的に緩和する方法」です。

  • デンタルフロスのおはなし 2021.10.14

  • 皆様こんにちは。
    蒲田の菊地歯科医院、受付兼歯科助手の望月です。

    今回はデンタルフロスについてお話していこうと思います。

    私は7月から当院にて勤務しております。
    当院で働かせていただく前は、歯医者さんへ通ったことがないうえに、自分の歯への関心も低くめでした。
    (歯磨きは毎日朝晩しているし、歯の状態は問題ないだろうと思っていました。。。)

    しかし、歯磨きをしっかりした後にデンタルフロスを使ってみると、磨けていると思っていた歯の間に歯垢がまだ付着していました。
    この歯垢が2~3日放置されてしまうと、唾液の中のミネラルと結合して、歯石に変わってしまいます。

    歯石はその名の通り、石のように固いため、一度歯に付着してしまうと歯ブラシでは取れず、歯医者さんで取り除いて貰わなくてはなりません。
    また、虫歯や歯周病の原因にもなるため、毎日のケアでいかに歯垢の状態で除去するかが重要になってきます。

    毎日の丁寧な歯磨きに加え、時間のない朝は歯磨きだけだとしても、夜は歯磨きと合わせてデンタルフロスを使うことをオススメします!!

    私も使ったことがなかったので、最初はなかなか思うように使用できず苦戦しましたが、少しずつ使えるようになってきました!

    しかし自分で歯垢を100%取りきることは難しいので、歯医者さんでの定期的なメインテナンスも大切です。

    当院で取り扱うデンタルフロスのご紹介

    ☆リーチワックス  ¥770

    ◎特徴
    ワックス加工されているので、歯間に入りやすく、フロス初心者にも使いやすい!
     
     

    ☆フロアフロス   ¥660

    ◎特徴
    384本の濃密な繊維で歯肉縁下の汚れを絡めとる!
    歯肉にやさしい繊維です♪♪
     
     
     
    この2種類をご用意しております。
    是非ご自身に合うものを使用し、歯垢を除去して健康できれいな歯を目指していきましょう!

  • 10月の食育レシピ 2021.10.04

  • こんにちは。蒲田の歯医者 菊地歯科医院の管理栄養士伊藤です。

    少しずつ夏の暑さも和らぎこれから過ごしやすい季節になってきますね♪♪
    今回は、歯ごたえ抜群の根菜を使った炊き込みご飯をご紹介します(^_-)-☆

    〇鮭
    歯周組織の維持に必要なたんぱく質、歯のエナメル質を作るビタミンA豊富。

    〇にんじん
    歯のエナメル質を作るβカロテン豊富。また繊維質で歯の表面の汚れを落とす

    〇ごぼう
    繊維質で歯の表面の汚れを落とす。噛み応えがあり唾液の分泌UP。唾液は口の中の清掃や中性に保つなどの役割がある。

    鮭と根菜の炊き込みご飯
    ○材料(2人分)
    ・米…2合
    ・鮭…2切
    ・にんじん…1/3本
    ・ごぼう…1/3本
    ・しょうが…1片
    ・出汁…1カップ
    ・酒…大さじ2
    ・醤油…大さじ1/2


    栄養価(1人当たり)
    ・エネルギー…349kcal
    ・たんぱく質…16.1g
    ・脂質…2.6g
    ・炭水化物…61.3g
    (うち食物繊維…3.8g)
    ・ビタミンA…114㎍
    ・食塩相当量…0.9g

    ○作り方

    1.ごぼうはささがきにし、水にさらしておく。

    2.人参としょうがは、細切りにする。

    3.鮭はフライパンで両面焼き色がつくように焼いておく。

    4.炊飯器に米,出汁,酒,醤油を加え、水を2合の目盛まで入れて軽く混ぜる。

    5.4に1~3を加え、炊飯する。