お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

8月, 2021年

  • 30歳代男性 インビザラインとインプラントで治療し 2021.08.25

  • 年齢と性別   30代 男性
    ご相談内容 右上の歯の隙間が気になる、上下の前歯歯並びが気になる、マウスピース矯正が可能か知りたいとのことでご来院されました。
    カウンセリング・診断結果 まず歯並びに関してはインビザラインで矯正を行う予定。右上の隙間に関しては永久歯が先天欠如のため、歯1本分のスペースがあり、その部分に関してはインプラントを埋入する予定です。
    行った提案・
    治療内容
    前歯上下の歯並びに関してはインビザライン(マウスピース型矯正装置)で治療を行う提案をしました。右上第一小臼歯の欠損部に関してはインプラントを埋入する十分なスペースが無いため、この部分に関してもインビザラインでスペース確保を行ったのちにナロータイプのインプラント(ストローマン社製)を埋入する予定を提案しました。
    治療期間 2年間
    費用 およそ130万円程
    術後の経過・    
    現在の様子
    インビザライン治療中に、長期出張などで通院が中断等があり、治療期間が延びましたが、1年10か月のインビザライン治療期間と4か月のインプラント治療期間で無事終了となりました。
    審美的・機能的に特に問題ないとのことです。
    治療のリスク 矯正に関しては術後の後戻りが心配されますので、リテーナー装置を12時間装着するように指示し実行していただいています。
    インプラントに関しては3か月に一度の定期チェックとクリーニングで管理しています。

    治療前

    右上第一小臼歯が最初からなかったとのこと(先天欠如)。写真では仮歯が装着されている。


    治療前レントゲン

    治療後

    治療後レントゲン

  • 歯石のおはなし 2021.08.20

  • 皆様こんにちは。
    蒲田の歯医者 菊地歯科医院、歯科衛生士の竹田です。

    早速ですが、皆さんは「歯医者で歯石取りをしたら、歯茎から出血した」という経験はありませんか?
    そうなると不安になりますよね。

    これは実は、歯肉炎などが原因で歯茎が炎症を起こしている証拠なのです。

    そもそも歯石って?

    歯石とは、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が歯の表面に付着し、石のように硬くこびりついたものです。
    主に歯と歯茎の境目に付きます。
    やわらかい歯垢と違い、歯石は歯ブラシでは取ることができません。

    歯石をこびりついたまま放っておくと歯周病が進行する原因となるため、
    歯科医院で専用の器具を使って除去をする「歯石取りの治療」が必要になってくるのです。

    歯石ができる仕組みは、歯茎の上にできるか下にできるかで異なります。

    歯茎の上にできる歯石

    歯茎より上にできる歯石を「歯肉縁上歯石(しにくえんじょうしせき)」といいます。

    歯の裏側には唾液が出るところがあり、そこから出た唾液とカルシウム成分が結び付くことで歯垢が石灰化という、
    石のように固まる現象が起こります。これが溜まることで歯石となります。

    エナメル質でおおわれているツルツルとした歯の表面にできるので、比較的除去しやすい歯石です。

    歯茎の下にできる歯石

    歯茎より下にできる歯石を「歯肉縁下歯石(しにくえんかしせき)」といいます。

    唾液と関係する歯肉縁上歯石とはちがい、歯と歯茎の間から染み出る浸出液というものとカルシウム成分が結び付き、
    歯垢などが石灰化し固まってできる歯石です。褐色や黒っぽい色をしています。

    歯茎の下にこびりついているため、除去するのが難しく、痛みもあります。


    また、歯ブラシで歯磨きをする際も血が出ることはありませんか?
    それは、磨き残した細菌(歯垢)が溜まっていて「歯茎が炎症を起こしている」という合図なのです。
    つまり、歯磨きをして血が出る部分は「しっかりと歯を磨く必要があります」ということです。

    自分のお口に合った歯ブラシや磨き方をしていなかったり、いい加減に磨いていたりすると、汚れはどんどん溜まり、歯茎は炎症を起こして腫れたままです。
    この状態で歯石取りを受けると、「痛い」「歯茎から出血した」となってしまいます。

    ちなみに、歯ブラシは月に1回交換しましょう。
    使っていくと毛先が広がってしまい、広がった歯ブラシのままブラッシングした場合、
    新しい歯ブラシを使った時と比べて、汚れの除去率が40パーセントも違うと言われています。

    歯周病が進行すると、歯茎の腫れ・出血・口臭・歯のぐらつきなどを引き起こし、最終的には歯を失う可能性もあります。
    定期的に歯石取りを受けて、お口の中に細菌を溜め込まないようにしましょう。

  • 歯磨きだけでは虫歯を予防しきれないことがあります 2021.08.15

  •  
    歯磨きは虫歯を予防するための基本ですが、それだけでは虫歯を予防しきれないことがあります。

    実際、しっかり歯磨きしているのに何度も虫歯を繰り返している人も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、歯磨きでは虫歯予防において不充分な理由を解説して、

    虫歯を予防するために必要なことについてもお伝えしていきます。

    大切な歯をいつまでも守っていくために、ぜひ覚えておいてくださいね。
     

    磨き残しが発生する

    歯磨きの目的は、虫歯の原因菌が含まれているプラークを除去することです。

    仮に、歯磨きによって全てのプラークを除去できるのであれば、歯磨きだけでも虫歯は予防できるでしょう。

    しかし、実際には次の理由から必ず磨き残しが発生します。
     

    プラークは目に見えない

    プラークは目で見ることができず、そのため鏡を見ながら歯磨きしても除去できたことを確認できません。

    いわば見えない汚れを除去することに等しく、全てを綺麗に除去しきるのは難しいのです。
     

    磨けない箇所がある

    プラークが付着するのは歯の表面ですが、位置によっては磨くことができません。

    とくに、歯並びが悪い人は凸凹して磨きにくく、歯ブラシが届かない箇所も多いでしょう。
     

    綺麗に磨いたつもりになる

    歯磨きをすると、歯磨き粉のミントによって口の中がスッとした感覚になります。

    そのため、雑に磨いてもミントの感覚や香りによって綺麗に磨いたつもりになってしまうのです。
     

    虫歯は食生活に要因がある

    1日3回の歯磨きをしても、その間の食生活次第では虫歯になってしまいます。

    なぜなら、虫歯の要因は食生活にあるからで、それを改善しない限り虫歯を予防しきれないのです。
     

    間食が多い

    口の中では常に脱灰と再石灰化が繰り返されており、脱灰は食事中、再石灰化は食後に起こります。

    当然、間食が多ければ脱灰の頻度が高くなり、再石灰化が追い付かなくなってしまいます。

    こうして脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、脱灰が優位になることで虫歯になってしまうのです。
     

    ダラダラと時間をかけて食べる

    いわゆるダラダラ食いの問題で、これは子どもに多く見られる傾向があります。

    食事の時間が長ければ、それだけ長い時間脱灰が行われることになるため、

    再石灰化が追い付かなくなってしまい、これもまた脱灰と再石灰化のバランスが崩れる要因です。
     

    糖の摂取が多い

    そもそも、虫歯になるのは虫歯の原因菌の出す酸によって歯が溶かされるためです。

    そして、虫歯の原因菌のエネルギーとなるのが糖であり、

    つまり糖の摂取が多い人は虫歯の原因菌の働きが活発になるため、虫歯になりやすいのです。
     

    虫歯の発症は気づきにくい

    虫歯になると歯に穴があくイメージがありますが、それは進行した虫歯のケースです。

    発症時はわずかな変色のみの症状であり、痛みを感じることもありません。

    また、発症した箇所によっては変色を確認することすらできないでしょう。


    さらに、虫歯には再発を意味する二次虫歯というケースがあり、

    この場合は患部が詰め物で処置されていることから、やはり目で発症に気づくことはできません。

    つまり、これらの虫歯には、「目で確認できずに痛みも感じない」という特徴があります。


    そのため、いつの間にか発症している可能性も否定できず、

    その上一度でもその虫歯が進行してしまえば歯磨きや再石灰化の力で治すことはできないのです。

    歯磨きだけに頼ってしまえば、いつの間にか虫歯が発症して、いつの間にか進行してしまう可能性があるのです。
     

    虫歯を予防するには

    歯磨きでは虫歯を予防するには不充分な理由をまとめると、次のようになります。
     

    • 磨き残しが発生する
    • 食生活次第では予防しきれない
    • 虫歯が発症しても見過ごしてしまう

     

    そして、これらの理由から虫歯を予防するための方法が見えてきます。

    虫歯を予防するためには、以下の3つのことを実践するのが効果的です。
     

    歯磨きの精度を高める

    歯ブラシだけでなく、デンタルフロスを使うことでプラークの除去率が高まります。

    また、プラークテスターを使ってプラークを染色するのも効果的で、

    目に見えないプラークを目に見える状態にすることで、磨き残しを減らすことができます。
     

    食生活を改善する

    虫歯は、食生活における「間食」「ダラダラ食い」「糖の摂取」が要因になるため、

    食生活を見直してこれらを改善することが虫歯の予防につながります。
     

    定期検診を受診する

    定期検診を受診することで、自覚しづらい初期の虫歯を発見することができます。

    また、詰め物を使用している人は詰め物の劣化状態を確認できるため、

    二次虫歯の予防、さらには二次虫歯の発症も発見することができます。
     

    まとめ

    いかがでしたか?

    最後に、歯磨きだけで虫歯を予防するのが難しい理由についてまとめます。



    1. 磨き残しが発生する :「プラークは目に見えない」「磨けない箇所がある」などが理由

    2. 虫歯は食生活に要因がある :「間食が多い」「ダラダラと時間をかけて食べる」などが理由

    3. 虫歯の発症は気づきにくい :「初期の虫歯は目で確認しづらく痛みもない」などが理由

    4. 虫歯を予防するには :「歯磨きの精度を高める」「食生活を改善する」などが理由


    これら4つのことから、歯磨きだけで虫歯を予防するのが難しい理由について分かります。

    虫歯予防の基本は歯磨きですが、あくまで基本であり、

    予防効果を高めるには食生活の改善や定期検診の受診が必要です。

    とくに、子どもの場合は虫歯になりやすいため、親が充分注意する必要があるでしょう。

  • 8月18日(水)東急プラザ蒲田休館に伴う休診 2021.08.05

  • 蒲田の歯医者さん 菊地歯科医院です。

    8月18日(水)は東急プラザ蒲田が休館日に伴い、菊地歯科医院も休診となります。
    ご迷惑をおかけいたします。

  • 8月食育レシピ 2021.08.04

  • こんにちは。蒲田の歯医者 菊地歯科医院の管理栄養士伊藤です。

    今年も暑い夏の到来ですね(>_<)
    夏バテにならないためにも、体調管理はしっかりとしていきたいですね。
    今回は、疲労やストレスを緩和する働きがあるビタミンB1豊富な豚肉を使ったさっぱりなレシピをご紹介いたします♬

    〇モロヘイヤ
    エナメル質形成に必要なビタミンAが豊富で、100g当たり(1株60gくらい)640㎍含まれている。推定平均必要量は大体600~700㎍なので、1株で1日に必要な量の半分以上摂取できる。またカルシウムやビタミンC、食物繊維も多く含まれる。

    〇トマト
    カロテノイドといった抗酸化物質やビタミンE、ビタミンCなど様々な栄養素が含まれており、歯肉の組織を活性化し修復する作用があるため、歯周病予防に効果がある。

    〇豚肉
    神経機能を調節し、疲労やストレスを緩和する働きがあるビタミンB1が豊富。ビタミンB群不足やストレスによる口内炎の予防効果がある。

    ねばねばドレッシングの豚しゃぶサラダ
    ○材料(2人分)
    ・豚薄切り肉…200g
    ・レタス…50g
    ・トマト…1個
    ・モロヘイヤ…1袋
    ・みょうが…1/2個
    ・大葉…3枚
    ・ポン酢…大さじ2
    ・ごま油…小さじ1
    ・料理酒…100ml


    一人当たりの栄養価
    ・エネルギー…269kcal
    ・たんぱく質…27.4g
    ・脂質…10.5g
    ・炭水化物…11.3g
    (うち食物繊維4.9g)
    ・カルシウム…159㎎
    ・ビタミンA…500㎍
    ・ビタミンC…57㎎
    ・食塩相当量…1.1g

    ○作り方

    1. レタスは食べやすい大きさにちぎり冷水にさらし、ざるにあげ水を切っておく。

    2. トマトは食べやすい大きさのくし形に切る。

    3. みょうが、大葉はみじん切りにする。

    4. モロヘイヤは葉と茎に分け、さっと洗う

    5. 鍋に水1リットルと酒を入れ沸騰させ、4の茎から先に茹で、30秒したら葉を加え、20秒ほど茹でる。

    6. 5をざるにあげ、冷水にとり、熱が取れたら、水気をよく絞り、みじん切りにする。

    7. 3と5、ポン酢、ごま油を混ぜ合わせる。

    8. 新しく鍋に料理酒を入れて湯を沸かし、豚肉を1枚ずつ茹で、そのまま冷ます。

    9. お皿にレタスとトマトを盛り、豚肉を乗せ、上から7をかけて完成。