お問い合わせ・ご予約

初診予約専用TEL

050-7582-9072

再診予約・その他

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

11月, 2019年

  • 砂糖について 2019.11.26

  • こんにちは。
    蒲田の菊地歯科医院です。

    皆さんは、普段飲んでいるジュースの「砂糖の量」を気にしたことがありますか?

    先日、スタッフと食育セミナーを受講し、砂糖について学んできましたので、一部紹介したいと思います。

    砂糖の量?ダイエットなどで気にされている方はいらっしゃいますが、ほとんどの方があまり気にされていない、あまり健康被害として認識していないかもしれません。

    身近なものとしては、スーパーやコンビニで売られているペットボトルジュース。このジュースにはものすごい砂糖の量が含まれています。ペットボトルのラベルの裏側にある成分表示表で簡単に調べられます。

    写真のように100mlあたりの炭水化物あるいは砂糖量が表示されており、500mlペットボトルでは×5にすれば、ペットボトルに含まれている砂糖の量がわかります。ちなみにコカコーラは56.5gです。

    一日の砂糖の量の目安をご存知ですか?

    WHO(世界保健機関)は一日の砂糖摂取量の目安を(大人も子供も)一日に摂る総エネルギー量の5%未満に抑えるべきというガイドラインを発表しています。(2015年3月)

    これは砂糖25gに相当しますね。スティックシュガーなら8本分です。
    ということはコカコーラを一本飲むと二日分の砂糖を摂取することになります。

    砂糖の摂りすぎは以下のような害があります。

    • 血糖値が急激に上げ太りやすくなる
    • 虫歯になりやすい。ミュータンス菌が増える
    • 依存性がある
    • アレルギーのリスクがアップする
    • ビタミンB1が失われる
    • 脳疾患や心臓疾患の症状を引き起こしやすくなる
    • 思考力が低下し、集中力がなくなり、短気でキレやすくなる

    などです。また、ビタミンB1不足はその他にもさまざまな症状を引き起こすとされています。虫歯以外にも健康のためには砂糖の量を気にする必要がありますね!

    当院では唾液検査により、虫歯リスクを判定し患者様にあった虫歯や歯周病予防を積極的に行っています。それとともに砂糖の摂取の仕方など、食事に関しても指導を行っております。

    歯や歯ぐきのトラブルは栄養の摂り方により治り方が全然違いますので、食事に関しも十分な知識が必要でしょう。ご興味があるようでしたらお気軽にスタッフまでご相談ください。

    飲み物内の砂糖の量

  • 虫歯はきちんと歯磨きすれば自然に治りますか? 2019.11.01

  • 例えば風邪を引いた時、軽い症状なら病院に行かなくても自然に治っていきますね。
    では虫歯はどうでしょうか?…治療が怖い、通院が面倒などの理由で虫歯を放置する人がいますが、
    丁寧に歯磨きをしていればその虫歯は自然に治っていくのでしょうか。

    実際、虫歯を経験した人の中には、虫歯を自覚してから一生懸命歯を磨いた人もいるでしょう。
    こうしたしっかりとした歯磨きを続ければ、発症した虫歯は自然に治っていくのでしょうか。
    ここでは、虫歯と治療をテーマにしたお話をしていきます。

    虫歯は自然に治るのか

    正確に言えば、虫歯になりたてと言えるほど初期の状態なら、
    しっかりとしたプラークコントロールを行うことで治すことは可能です。
    しかし、一度でも虫歯が進行してしまえば、その虫歯が自然に治ることはありません。

    多くの人は虫歯を自覚するきっかけとした「歯の痛み」を挙げますが、
    歯が痛んだ瞬間にいくら丁寧な歯磨きをしたとしても、その虫歯は自然には治りません。
    なぜなら、虫歯は歯が痛んだ時点で既に進行しているからです。

    歯を削ることで起こる問題

    虫歯が進行した場合、自然には治らないため歯科医院で治療しなければなりません。
    虫歯の状態にもよりますが、一定以上虫歯が進行していると治療において歯を削る必要があり、
    この「歯を削る」という治療が後に大きな問題を引き起こす原因にもなります。

    それは二次虫歯の問題で、歯を削った場合は詰め物で処置しなければならないのですが、
    その詰め物の隙間から細菌が入り込むことがあり、そうすると虫歯の再発…つまり二次虫歯が起こるのです。
    ちなみに、詰め物の素材をセラミックにすれば二次虫歯を予防しやすくなります。

    初期の虫歯は自覚しづらい

    完全に初期の虫歯ならプラークコントロール次第で自然に治せますが、
    ここで難しいのはそこまで初期の虫歯は自覚するのが困難だということです。
    初期の虫歯は歯の表面が変色しますが、痛みを感じることは一切ありません。

    仮に「歯に痛みがない=歯が健康」と判断してしまう人なら、虫歯になっていることには気づかないでしょう。
    つまり、初期の虫歯なら自然に治すことができるものの、そこまで初期の虫歯は自覚しづらいのです。
    この問題を解消できるのは定期検診を受診することで、定期的に歯の健康状態をチェックしてもらいましょう。

    「歯が痛くない=歯が健康」とは限らない

    「初期の虫歯には痛みがない」…この事実から分かるのが、
    歯の痛みの有無は歯の健康状態を示す根拠にはならないということです。
    歯が痛くない場合でも初期の虫歯の可能性がありますし、歯周病の可能性だってあるでしょう。

    また、神経を失った歯は虫歯になってそれが進行しても痛みを感じることはなく、
    最初の虫歯治療で神経を除去した場合、その歯が再度虫歯になっても自分ではなかなか気づけません。
    こうした点から、「歯が痛くない=歯が健康」と判断してはいけないのです。

    虫歯を放置して起こる問題

    虫歯は進行すると自然には治らず、その後はただ進行していくのみです。
    では、虫歯を放置するとどのような問題が起こるのでしょうか。
    まず虫歯はどんどん進行していき、神経まで進行すれば感じる痛みは激痛へと変化します。

    さらに進行すれば歯はボロボロに溶かされてしまい、
    重度段階まで虫歯が進行すると、もはやその歯は歯としての機能が完全に失われてしまいます。
    最終的には血液の中に虫歯の原因菌が入り込み、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険性があるのです。

    虫歯を予防するには

    虫歯は早く治療することも大切ですが、それ以上に大切なのは予防することです。
    予防の基本は毎日の歯磨きですが、ただ歯磨きの精度が低ければ充分な予防はできず、
    そのためデンタルフロスを使って歯の隅々まで丁寧に磨いてください。

    また、食生活の見直しと改善も必要です。糖の摂取、間食、ダラダラ食いなどは避け、
    虫歯になりにくい食生活を考える必要がありますし、不安な点は歯科医院で相談しましょう。
    そして、定期的に検診や予防歯科を受けて虫歯の予防効果を高めてください。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、虫歯は自然に治るのかについてまとめます。

    1. 虫歯は自然に治るのか :一度でも進行した虫歯は治療しない限り治らない
    2. 歯を削ることで起こる問題 :詰め物を必要とすれば、その詰め物に隙間が生じることで二次虫歯になる
    3. 初期の虫歯は自覚しづらい :進行前の初期の虫歯なら自然に治せるが、初期の虫歯は発見が難しい
    4. 「歯が痛くない=歯が健康」とは限らない :歯が痛くなくても、初期の虫歯になっている可能性がある
    5. 虫歯を放置して起こる問題 :神経まで進行すると痛みが増し、最終的には大きな病気の要因にもなる
    6. 虫歯を予防するには :デンタルフロスを使った精度の高い歯磨き、食生活の見直しと改善が必要

    これら6つのことから、虫歯は自然に治るのかについて分かります。
    虫歯が自然に治るのは初期の場合のみで、一度でも進行した虫歯は治療しない限り治りません。
    虫歯を放置することには一切メリットがなく、ただ虫歯の進行を許すのみです。
    自然に治ることに期待せず、虫歯は歯科医院に行って治療を受けて確実に治してください。