お問い合わせ・ご予約

初診予約専用TEL

050-7582-9072

再診予約・その他

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

3月, 2019年

  • むし歯は「進行性」の病気です 2019.03.29

  • こんにちは。

    蒲田駅前の菊地歯科医院です。

     

    花粉症もスギが一段落しましたが、ヒノキの方はまだまだもう少しアレルギーに悩みそうです。

     

    堀ちえみさんの「舌ガン」ニュースから、菊地歯科医院でも、ガン検診のお問い合わせが増えました。

    ガンは進行性の病気で「まだ大丈夫でしょ」と後回しにすると取り返しがつかなくなることもあります。

    このニュースが、患者さんにとってご自身の健康を気にする、そんなきっかけになることも、公表した堀ちえみさんは期待していたのかもしれません。

     

    さて皆さんは、むし歯も「進行性」の病気だと知っていましたか?

     

    そう、つまり「放っておいても治らない」病気なのです。

     

    歯の噛み合わせ面、隣の歯との接点などご自分からは見えにくい部分で進行していることが多いため、知らず知らずに発症し進行している…という経験ありませんか?

     

    食後は必ず歯みがきしてるのに…ということも。

     

    むし歯は、一度発症すると薬で「何もなかった」ように消えてなくなることがありません。

    ※保険外診療にて「溶かす」治療方法はあります。

    一般的には、削って「患部を取り除く」ことで治します。

     

    この「削る」治し方にも色々あり、保険の金属、天然歯に近いセラミックスなど、保険・保険外を含め厚生労働省で認められている治療方法はいくつかあります。

     

    治し方により、再発のリスクも様々です。

    昔に治したのに、金属の詰め物が取れたら中がむし歯になってた…ということ、皆さんも一度は耳にしたことあると思います。

    歯と詰め物の間からむし歯菌が入り込み、歯みがきも届かないので進行する。これが再発のサイクルです。

     

    詰め物や被せものが精密なら、再発のリスクも少ないですよね?

    そのとおりです。

    それとしっかりした歯みがきで、再発のリスクは減らせます。

     

    一度むし歯になると、再発させないために色々とケアする必要があります。

    食生活、歯みがき習慣、歯みがきのクセ、むし歯になりやすい人なりにくい人がいるってホント!?など、むし歯のリスクには個人差があります。

     

    では、どうすればむし歯にならないの?と素朴な疑問ですよね。

     

    次回は、

    むし歯はどうやって発症するの?

    をお届けしたいと思います。

     

  • 矯正相談日とGWの診療について 2019.03.12

  • 蒲田の歯医者さん、菊地歯科医院です。

    GWの診療について

    当院ではGWの期間中、4月29日から5月2日までは通常診療を行います。ご予約をご希望の方はご確認ください。

    3月4月の矯正相談について

    3月28日・4月25日は矯正相談となります。歯並びに関するご相談は、ご予約の上矯正相談日をぜひご利用ください。

    引き続き菊地歯科医院をよろしくお願い致します。

  • セラミックのメリットとデメリットをそれぞれ教えてく 2019.03.06

  • セラミックは陶材の一種で、被せ物や詰め物に使われる歯科材料です。
    非常に審美性が高く、天然の歯に近い透明感と色調で、人工歯だと気づかれないほどです。メリットの多いセラミックを使った治療ですが、保険が適用とならないので、治療費が高額になってしまうというデメリットもあります。
    今回は、セラミックのメリットとデメリットについて、それぞれ詳しく解説していきます。

    セラミックのメリット

    セラミックは、審美性の高い歯科材料です。セラミックのメリットには次の点が挙げられます。
    ・審美性が高い
    ・劣化しにくい
    ・金属アレルギーの原因にならない
    ・歯ぐきの着色の原因にならない
    ・表面に汚れがつきにくい
    ・精度が高く二次カリエスになりにくい
    それぞれについて詳しくみて行きましょう。

    審美性が高い

    セラミックの最も大きなメリットと言えます。天然の歯に近い透明感とツヤ・色調を再現できるため、前歯に入れても、自然な仕上がりになります。
    歯の色調や、歯の形状を細かく技工士に指定する事ができるため、ご自分の理想の歯を入れる事ができます。

    劣化しにくい

    セラミックは経年劣化が起こりにくい材料です。時間が経っても、ほとんど変色は見られません。見た目の美しさをずっと維持する事ができます。

    金属アレルギーの原因にならない

    セラミックは、体に優しいし歯科材料です。銀歯のように金属アレルギーの原因にならないので、安心して使用し続ける事ができます。
    金属アレルギーは、金属が触れた部分にだけ起こるわけではありません。お口の中の銀歯の場合には、

    歯ぐきの着色の原因にならない

    銀歯の場合、溶け出した金属イオンが歯ぐきに沈着して、歯ぐきに着色を起こす事がありますが、セラミックはその心配がいりません。

    表面に汚れがつきにくい

    セラミックに表面は非常に滑らかで、表面に汚れがつきにくくなっています。人口歯なので、表面が虫歯になる事はありませんが、歯周病の原因になる事や、口臭の原因になる事があります。一方で、銀歯は表面に細かな傷ができやすく、表面汚れが溜まりやすくなります。

    精度が高く二次カリエスになりにくい

    セラミックは精密に型取りをして作製されるため、天然の歯質と人工部分がぴったりとくっついており、二次カリエス(一度治療をした箇所にできる虫歯)になりにくくなります。
    特に、コンピューターで設計・作製する「CAD/CAM」を使って作るセラミックの補綴物は、精度が高く、ぴったりと歯に合います。

    セラミックのデメリット

    セラミックはメリットの多い材料ですが、デメリットも存在します。メリットとデメリットの両方を理解した上で、希望する治療法を選択する事が大切です。
    セラミックのデメリットは主に次の2点です。
    ・保険が適用されない
    ・強い力が加わると割れてしまう事がある
    それぞれについて詳しく解説します。

    保険が適用されない

    セラミックは、審美性を高めるために行う治療のため、保険が適用されません。全額自己負担の自費治療となるため、保険治療と比べると高額です。
    歯の部位やセラミックの種類にもよりますが、スタンダートなものなら1本あたり8円〜12万円程度が相場です。強度があり審美性にも優れたジルコニアセラミックの場合は10万〜20万円程度とさらに高額になります。

    ・保険が適用されるケース
    一定の条件を満たしている場合、保険が適用されるケースがあるので、紹介しておきます。
    ハイブリッドセラミックという、歯科用プラスチックにセラミックを混ぜた素材を使ったCAD/CAM冠が一部、保険適用になります。ハイブリッドセラミックは、セラミックのみの素材と比べて、多少審美性は劣りますが、銀歯のように目立つ事はありません。
    前から数えて4番目と5番目の歯の被せ物が適用となります。

    強い力が加わると割れてしまう事がある

    セラミックは陶材の一種です。陶器を落とすと割れてしまう事に想像できるように、強い力が加わると割れてしまう事があります。
    噛み合わせが強い奥歯や、歯ぎしり等の癖がある場合には、内側が金属でできたセラミッククラウンや、強度があるジルコニアセラミッククラウンがおすすめです。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。セラミックのメリットとデメリットについて最後にまとめたいと思います。

    <セラミックのメリット>
    ・審美性が高い
    ・劣化しにくい
    ・金属アレルギーの原因にならない
    ・歯ぐきの着色の原因にならない
    ・表面に汚れがつきにくい
    ・精度が高く二次カリエスになりにくい

    <セラミックのデメリット>
    ・保険が適用されない
    ・強い力が加わると割れてしまう事がある

    強度のあるセラミックもあるので、費用が高額な事を除けば、非常にメリットが多い治療だと言えます。
    見た目が良いだけでなく、機能的にも優れており、長期間健康な歯を維持しやすくなっているので、長い目で見て、治療を選択するのも良いのではないでしょうか。