お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

菊地歯科医院

大田区蒲田駅直結の菊地歯科医院|20代女性「右上側切歯が内側に入っているため黒く抜けているように見えるのが気になる」インビザラインGOを行った症例

   菊地歯科医院へのお問い合わせ:03-3734-1055

20代女性「右上側切歯が内側に入っているため黒く抜けているように見えるのが気になる」インビザラインGOを行った症例

年齢と性別   20代女性
ご相談内容 「右上側切歯が内側に入っているため、写真に映った時に黒く抜けたように見えるのが気になる、結婚式に間に合わせたい」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 シミュレーションを行ったところ、インビザラインGOで改善できることを確認しました。

行った提案・
治療内容
右上側切歯が矮小歯であることから、歯列を改善しても歯の形の印象が強く出ることが考えられる状態でした。
そのため、矯正後に補綴(歯の欠損部に入れ歯をしたり冠をかぶせたりして、歯の働きを補うこと)、またはダイレクトボンディング(多種類の審美修復用プラスチックを直接お口の中で盛りつけていき、天然歯のような美しい色調や本来の歯の形態を回復させる治療法)での形態修正と、それを前提に矯正時に右上側切歯の幅を少し大きめにスペースを開けることをご提案しました。

患者様はそこまでの治療をご希望ではなかったため、今回は元々の歯の幅で並べ、形もそのままで良いということになりました。

アタッチメント、IPRは治療前に行いました。

治療期間 約5か月
費用 約50万円
術後の経過
現在の様子
矯正治療後に、やはり側切歯の形態が気になるようになり、幅はそのままで良いので形のみ治したいとご希望がありました。
ダイレクトボンディングをご提案し、即日中に治療を終了しました。

治療のリスク リテイナー(治療後に後戻りを抑える装置)を付けないと後戻りすることがあり、注意が必要です。

治療前

 

治療後

 


治療前

治療中

治療後