お問い合わせ・ご予約

初診予約専用TEL

050-7582-9072

再診予約・その他

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

2月, 2018年

  • 3月の矯正相談日について 2018.02.25

  • 蒲田駅の歯医者・歯科、菊地歯科医院です。

    3月の矯正相談日は03月22日16時からとなっております。
    気になる疑問、検討中の方への詳しいご説明等、無料で相談できますので
    これを機にぜひご相談ください

    2018年03月 診療スケジュール

    ●診療時間:10:00 ~ 13:30  15:00 ~ 20:00 ※土曜は18:00まで
    ●休診日: 日・祝

    :休診日
    :矯正歯科診療、矯正無料相談日

    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
  • インビザライン治療に必須な口腔内3Dスキャナー「i 2018.02.17

  • これで患者さんへの負担もかなり少なくなります!

    iTeroスキャニングシステムとは口腔内の状態を直接コンピューターに取り込むことが可能な世界で最新鋭の3Dスキャニング装置です。

    従来のインビザラインのアライナー(透明なマウスピース矯正装置)作製は、口の中をシリコン製の印象材で直接歯型を採り装置を作成しますが、iTeroを用いた場合は、シリコン製の独特な臭いに匂いや、シリコンが硬化するまでの時間などを気にする必要がなく、より精度の高い歯型を採ることができます。歯型を採ることが苦手な患者さんにとっては、とても楽な方法です。

    スキャニングの結果はその場ですぐに確認することができるので、シリコン印象のように再度歯型を採りなおさなければならい場合に再度通院する必要がありません。

    インビザラインの矯正治療が開始されるまでの期間もiTeroを使用した場合、約10~12日間短縮されます。

    矯正相談は無料で行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

  • 歯医者さんは予約無しでいってもいいのでしょうか。予 2018.02.03

  • 歯科医院は、予約制となっている所がほとんどです。「予約をするのが面倒」と思う事もあるかもしれませんが、予約をした方が患者さんにとってもメリットは大きくなります。
    今回は、歯科医院が予約制となっている理由、予約をしない場合のデメリット、急な痛みで受診をしたい場合はどうしたら良いのかを詳しく解説していきたいと思います。

    患者さん1人ひとりに診療時間/診療台を確保する必要がある

    歯科治療をするためには、歯科医師や歯科衛生士、スタッフが、その患者さんのために時間を確保しておく必要があります。治療にあたっている最中は、他の患者さんを診る事はできません。診療台も、その時間は、その患者さん専用になります。
    歯科治療には、虫歯治療・歯周病治療・予防歯科・審美歯科・口腔外科など様々な診療科目がありますが、どの治療も一定の時間を必要とするため、治療時間を短縮する事はできません。一度に多くの患者さんが来院しても診る事ができないのです。

    計画的に治療を進めるため

    歯科治療は、計画的に治療を進める事が多いです。例えば、虫歯の治療であれば、虫歯を削る、型取りをする、作製された金属を装着する、といった治療の順番・計画があります。予約制をとる事で、次回の予約までの間に、歯科医師や歯科技工士が、治療で必要なものを作製する事ができます。
    また、歯周病治療でも、歯石は一度に除去する事ができないため、数回に分けて歯石を取る計画を立てます。予約制を取ることで、歯科医院での治療・自宅でのケアのバランスをとり、効率良く治療を進める事ができるのです。

    予約をしない場合のデメリット

    •予約の患者さんが優先なので、待ち時間が長くなる
    予約制の歯科医院では、予約の患者さんが優先になります。きちんと予約をして、時間通りに来院している方に失礼になります。予約制の場合、30分〜1時間ごとに、予約の患者さんが入っていますので、予約をしていない方は、時間が空いたタイミングで診る事になります。

    •治療が応急処置だけになる
    予約の患者さんは、治療に必要な時間分の予約をしているので、キャンセル等が無い限り、予約無しの患者さんに多くの時間を割く事はできません。治療は応急処置だけになる事が多いでしょう。クリーニング等の急ぎでない治療は、ほとんどの場合、受ける事はできません。

    •急な痛みで受診をしたい場合
    予約制をとっている歯科医院であっても、多くの歯科医院は急患を受け付けています。ですから急な痛みで困った場合には、受診をする事ができます。ただし、予約の患者さんの合間に応急処置をするので、少し待つ必要があります。受診をしたい場合には、まずは電話をして「急な痛みで受診をしたい」旨を伝えるようにしましょう。飛び込みで受診をするより、歯科医院側も準備をする事ができますし、キャンセルなどがあり空き時間がある場合には、入れてもらう事も可能です。

    歯科医院を予約する時のマナー

    歯科医院を予約する時、これだけは守りましょう。
    •無断キャンセルをしない
    •遅刻をしない
    •やむを得ず予約を変更したい場合には早めに連絡をする

    歯科医院は、予約をとっている患者さんのために、歯科医師やスタッフが従事する十分な時間と、診療台を確保し、治療の準備をして待っています。無断キャンセルは、絶対にしないようにしましょう。また、予約時間に遅刻をしないように、余裕をもって来院するようにしましょう。

    予約の仕方

    予約の仕方は、主に2種類「電話予約」と「インターネット予約」です。電話予約の歯科医院が多いですが、最近は「インターネット予約」が可能な歯科医院が増えています。ただし、初診の予約は「電話予約」のみという所も多いので注意しましょう。「インターネット予約」の場合でも、予約変更やキャンセルの早めの連絡が大切です。予約のマナーは守るようにしましょう。

    まとめ


    いかがでしたでしょうか。歯科医院は、基本的に予約制になります。予約をして受診をするようにしましょう。最後に、歯科医院が予約制となっている理由、予約をしない場合のデメリット、急な痛みで受診をしたい場合について、まとめたいと思います。

    <歯科医院が予約制となっている理由>
    •患者さん1人ひとりに診療時間/診療台を確保する必要がある
    •計画的に治療を進めるため

    <予約をしない場合のデメリット>
    •予約の患者さんが優先なので、待ち時間が長くなる
    •治療が応急処置だけになる

    <急な痛みで受診をしたい場合>
    •急患として受診する場合も、必ず電話をしてから受診をする
    •予約の患者さんの合間に応急処置だけを行う事を了承すること

    歯科医院が予約制をとっているのは、一人ひとりの患者さんに十分な治療時間を確保し、治療をスムーズに進めるためだと言えます。歯科医院を予約する際には、3つのルール「無断キャンセルをしない」「遅刻をしない」「やむを得ず予約を変更したい場合には早めに連絡をする」を守って、受診をするようにしましょう。