お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

5月, 2021年

  • 子供の虫歯予防処置「シーラント」について 2021.05.20

  • 皆さまこんにちは。
    蒲田の歯医者、菊地歯科医院受付兼歯科助手の内山です。


    今回は子供の虫歯の予防処置として使われる「シーラント」についてお話したいと思います。
    突然ですが皆さまのお子さんは定期的に歯医者さんに通ってらっしゃいますか?

    小さな子を歯医者さんに連れて行くのは何かと大変ですよね。。。
    特に、怖がりの子は連れてきても診療台に座るどころか診察室に入ることさえも嫌がるかもしれません。

    最初は、お母さんの膝の上に座っていただいてもかまいません。
    私の娘も、フッ素を塗るだけでも最初は泣いていましたね(>_<)
    対策として、夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いので、機嫌の良い午前中に受診するようにしていました。

    ここで大事なことは、噓をついて連れて行かないことです!!
    かえって嫌がる原因になってしまうことがあります。
    そして、歯医者さんに行った後は沢山褒めてあげてください。


    大田区では、2歳から就学時までのお子様を対象に歯科検診とフッ素塗布を指定医療機関で実施をしています。
    小さなころから歯医者さんに慣れておくと、その先ずっと楽になります。

    歯が生え始めたころを目安にかかりつけの歯医者さんを見つけておきましょう。
    もちろんお母さん、お父さんの行きつけの歯医者さんでもいいと思いますよ。

    シーラントってなに?

    シーラントとは、奥歯の溝を歯科用の白い樹脂で埋めることにより、溝に汚れが入らないようにして虫歯を予防する方法です。

    主に歯ブラシが届きにくく、食べかすが溜まりやすい6歳臼歯(第一大臼歯)や、乳歯の奥の歯など溝がある歯に使われます。
    薬剤で予防するフッ素とは違い、物理的に歯の溝を覆って虫歯を予防します。

    シーラントをするには一定時間お口を開けていないとできない処置になりますので、
    歯医者さんに通って、長時間お口を開けたり、口の中に器具を入れたりすることに慣れた上で進めることが重要です。


    シーラントを行う目安のタイミングとしては虫歯などのなり易さにもよりますが、

    ・乳歯の奥歯が生えてくる時期⇒3歳~4歳ごろ
    ・第一大臼歯が生えてくる時期⇒5歳~6歳ごろ
    ・第二大臼歯が生えてくる時期⇒12歳ごろ

    になります。


    ただ、シーラントは日々の食事や歯磨きなどによって取れてしまうことがあるので、
    定期的に歯医者さんでのチェックを受けてもらうことをお勧めします。

    もし虫歯が見つかった場合、初期虫歯の段階でいきなり治療はせずに、フッ素を塗りながら経過観察する場合もあります。

    進行してしまうと歯を削ったり、嫌な思いをさせてしまいます。
    そのため、早い時期から歯医者さんに通い慣れること、フッ素を塗って虫歯になりづらい強い歯にしたり、
    シーラントという治療を行い虫歯予防をしたりしておくことが大切です。

  • 歯周病予防について 2021.05.20

  • 皆さまこんにちは!蒲田の歯医者、菊地歯科医院の歯科衛生士野田です。
    今回は歯周病予防についてお知らせします。

    日本では、30歳代の約36%が歯周病にかかっていると言われます。
    また 42%が歯周病が原因で歯を失っていると報告されています。
    歯周病で抜歯された歯は、むし歯の繰り返し治療が原因となっている場合が多いと言われています。




    健康な食生活維持するためには 80歳になっても自分の歯を20本以上保つのが目標です。



    いつまでも美味しく食べたいですね。。。

    生活習慣の改善が歯周病を予防?

    日常的に歯垢を取り除くために適切な口腔清掃はとても大切な生活習慣です。

    歯周病は糖尿病と深く関わっています。
    糖尿病になりやすいような高カロリー、高脂肪、塩分や糖分が多く含まれる食事は避け、ビタミン、カルシウム、タンパク質、炭水化物など栄養バランスの取れた食生活を心がける事です。

    タバコを吸っている人は吸わない人に比べ2〜7倍歯周病になるリスクが高いと言われています。
    また、睡眠不足になると抵抗力が落ちるので、細菌に感染しやすくなり、歯周病へのリスクが高まります。
    健康を保つために十分な睡眠をとり、ストレスを溜めないように心がけましょう。



    歯周病のセルフチェックは何個当てはまったでしょうか?

    チェックがある方は 歯周病の可能性があります。
    歯磨きの仕方を見直し、歯科医院での歯磨きチェックをしてもらいましょう。

    定期的な歯石取りなどメンテナンスはチェックのない方も大切です。

  • 6月、7月のDr.松岡の矯正無料相談&矯正治療日 2021.05.20

  • 蒲田の歯医者さん、菊地歯科医院です。
    Dr.松岡の6、7月の矯正相談および診療日をお知らせします。

    下記にてご確認をお願いいたします。

    【6月】
    6月 4日(金)16:00~20:00
    6月 8日(火)16:00~20:00
    6月19日(土)10:00~18:00
    6月24日(木)16:00~20:00
    6月26日(土)10:00~18:00

    【7月】
    7月 2日(金)16:00~20:00
    7月 6日(火)16:00~20:00
    7月17日(土)10:00~18:00

    お気軽にご相談ください。

  • 虫歯と治療を繰り返しているので、虫歯予防のアドバイ 2021.05.15

  •  

    虫歯は一度で終わるとは限らず、治療した歯が再び虫歯になってしまうこともあります。

    これは二次虫歯と呼ばれるもので、決して稀なケースではなく、

    成人の虫歯に至っては、最初の虫歯に比べてむしろ二次虫歯の方が多いのです。


    この場合、例え治療しても安心できず、二次虫歯を繰り返すことは深刻な問題です。

    そこで、今回は二次虫歯の予防方法について解説していきます。

    虫歯と治療を繰り返している人はぜひ参考にしてください。
     

    二次虫歯を繰り返すことの問題

    そもそも、なぜ二次虫歯を繰り返すことには問題があるのでしょうか。

    それは歯を失ってしまうのが原因であり、虫歯になることで歯が溶かされ、その虫歯を治すために歯を削ります。

    つまり、歯は「溶かされる」「削られる」を繰り返すことになってしまうのです。


    そうなると、歯は少しずつ失われていき、やがて完全に失われてしまいます。

    そのため、二次虫歯を繰り返すことは歯を失う要因になり、

    例えその都度治療したとしても歯を守れなくなってしまうのです。
     

    二次虫歯を予防するための基本

    二次虫歯も最初の虫歯も同じ虫歯で、基本的な予防方法は同じです。
     

    • 歯磨きをしてプラークを除去する
    • 糖の摂取を控える

     
    デンタルフロスを使った歯磨き、糖の摂取を控える食生活を心掛ければ、二次虫歯を予防しやすくなるでしょう。

    ただし、二次虫歯は歯が詰め物で処置されていますから、詰め物の状態にも気を配る必要があります。

    そこで効果的なのが、「定期検診の受診」と「セラミック治療」です。

     

    定期検診の受診

    定期検診では歯の健康状態を確認してもらえるため、詰め物の異変も発見することができます。
     

    • 詰め物に隙間が生じている
    • 詰め物が劣化している

     
    などの問題が起こっている場合、医師が発見して新品の詰め物へと交換できるのです。

    これらの問題は自分では気づきにくい上、例え気づいても自分で対処することはできません。

    いずれも二次虫歯の要因になるため、二次虫歯を予防するためには定期検診の受診が欠かせないでしょう。


    もっとも、定期検診による予防効果は二次虫歯に限ったことではなく、

    最初の虫歯や歯周病を予防するためにも定期検診の受診は効果的です。

     

    セラミック治療

    セラミック治療とは、詰め物の素材をセラミックにする治療です。

    詰め物の素材を銀歯やレジンではなく、セラミックにすることで二次虫歯は予防しやすくなり、

    それには次の理由が挙げられます。
     

    • 素材がツルツルしているのでプラークが付着しにくい
    • 製作工程においてサイズに誤差が生じにくい
    • 歯としっかり接着する

     
    セラミックは自由診療ですから費用が高くなりますが、

    一方で保険診療の素材にはこれらの長所があり、二次虫歯を予防しやすくなります。

    つまり、セラミックのメリットは審美性が高まることだけではないのです。
     

    セラミックの種類

    セラミック治療を希望する場合、セラミックの種類を選択することになります。

    現状、セラミックには以下の4つの種類があり、歯科医院よって取り扱っているセラミックの種類は異なります。
     

    オールセラミック

    セラミックの中で最も審美性・機能性が高いタイプです。

    文字どおり100%セラミックでできており、費用が高いのが欠点です。

     

    ハイブリッドセラミック

    レジンの微粒子にセラミックを練り込んだタイプです。

    年数が経過すると変色するなどのデメリットがありますが、費用が安くてお手軽です。

     

    メタルボンド

    金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプです。

    金属を使用しているため頑丈ですが、金属アレルギーの人は使用できません。

     

    ジルコニアセラミック

    人工ダイヤモンドを使用したタイプです。

    メタルボンド同様に頑丈さがポイントですが、メタルボンドよりも美しく、金属アレルギーの人でも使用できます。

     

    まとめ

    いかがでしたか?

    最後に、二次虫歯の予防方法についてまとめます。


    1. 二次虫歯を繰り返すことの問題 :虫歯と治療の繰り返しによって少しずつ歯が失われていく

    2. 二次虫歯を予防するための基本 :従来の虫歯予防に加えて、定期検診の受診とセラミック治療が効果的

    3. 定期検診の受診 :詰め物に生じた隙間や劣化を発見できるため、二次虫歯を予防しやすくなる

    4. セラミック治療 :セラミックの詰め物は素材の仕様上、二次虫歯を予防しやすい

    5. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック


    これら5つのことから、二次虫歯の予防方法について分かります。

    とくに、銀歯を使用している人は二次虫歯に悩まされることが多いのではないでしょうか。

    虫歯の再発を繰り返せば、例え治療しても少しずつ歯が失われていくため、最初の虫歯以上に予防が大切です。


    もっとも、セラミック治療によって二次虫歯は予防しやすくなりますが、

    毎日の歯磨きなど予防の基本を怠ってしまえば予防できません。

    一度虫歯になった歯は、再度虫歯にならないよう注意してください。

  • 当院が行う訪問歯科診療 2021.05.13

  • 皆さまこんにちは!蒲田の歯医者、菊地歯科医院です。

    今回は、訪問歯科診療についてブログを書かさせていただきます(*^^*)
    歯医者に通いたいけど、通えない……。そんなお悩みを抱えている大切な方は身近にいませんでしょうか?
    定期的に歯医者に通う事で、むし歯など早期に発見することができたりします。

    自宅等でむし歯の治療はできるの?

    多くの歯科医院で行っている訪問歯科診療では、むし歯の処置を行うことができると思います。
    当院でもご本人様の体調に十分配慮し、むし歯の処置、歯周治療を行ってまいります。



    お気づきになりますでしょうか?
    ご自宅にポータブルユニットを持ち運んで、診療を行っているのです。
    ※お水と電源をお借りすることはご了承くださいm(__)m



    歯医者さんに通えない通院が困難な方の為、より良い医療を提供したく、必要となるポータブルユニットは軽くて持ち運びの良いものを選びました。
    もちろん性能もとても良いです♬

    訪問歯科について、ご質問がある際は、お気軽に当院のスタッフまで(*^^*)

  • 5月食育レシピ 2021.05.11

  • こんにちは。蒲田の歯医者 菊地歯科医院の管理栄養士伊藤です。
    今回は、子どもにも食べやすいように中にチーズを挟みこんだかつおのフライをご紹介いたします。
    パセリの色味が更に食欲をそそりますよね(*^^*)
    今晩の献立にいかがでしょうか♬

    ●かつお
    他の魚にくらべてタンパク質豊富。カルシウムの吸収を助ける役割のあるビタミンD豊富。他ビタミンB群豊富で疲労回復効果も。

    ●料理のポイント
    ビタミンDは脂溶性ビタミンなので油と一緒に摂取することで吸収率アップ。またカルシウム豊富なチーズとビタミンD豊富なかつおを一緒に摂取することで効率よくカルシウムを吸収できるメニュー。

    かつおの香草チーズフライ
    ○材料(2人分)
    ・カツオ…1柵(200g)
    ・パセリ…1株
    ・スライスチーズ…3枚
    ・小麦粉…適量
    ・卵…1個(といておく)
    ・パン粉…適量
    ・油…適量
    ・塩コショウ…適量
    ・付け合わせの野菜…適量


    一人当たりの栄養価
    ・エネルギー…386kcal
    ・タンパク質…38.9g
    ・脂質…14.8g
    ・炭水化物…21.9g
    ・カルシウム…277㎎
    ・ビタミンD…5㎍
    ・食塩相当量…1.2g

    ○作り方

    1.カツオは2センチ幅に切り、真ん中に切り込みを入れ、塩コショウを振っておく。

    2.スライスチーズは4等分する。

    3.カツオの切り込み部分にチーズを挟む。

    4.パセリはみじん切りにし、パン粉と混ぜておく。

    5.3に小麦粉をまぶし、とき卵にくぐらせ、4をつける。

    6.フライパンに1センチほど油を入れ、180℃くらいに熱する。

    7.カツオを入れ、きつね色になるまで両面揚げ焼きにする。

    8.付け合わせの野菜を皿に盛り、揚げたカツオを盛り、完成。