お問い合わせ・ご予約

初診予約専用TEL

050-7582-9072

再診予約・その他

03-3734-1055

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

9月, 2019年

  • 口臭の原因とは?(口の中の「細菌」) 2019.09.27

  • こんにちは。
    蒲田の菊地歯科医院でございます。

    今月から「口臭の原因」を3回に渡ってお知らせします。
    冬に向かって乾燥してくることで、実はお口の中では口臭の原因がどんどん活発化しています。

    皆さん、口の中に多くの細菌がいることはご存じですね?
    むし歯菌、歯周病菌をはじめとする悪い細菌、でも悪い細菌ばかりではありません。免疫を助けてくれる細菌など体に必要な細菌も含めてかなり多くの細菌が混在して活動しています。

    歯みがきが十分でないなど汚くしてしまうと悪い細菌が増え毒素が高くなるため良い細菌の活動が抑制されてしまいます。
    まずは、歯みがきと歯医者さんでのクリーニングでお口の清潔を保ってください。

    さて、口臭の原因は大きく3つあります。
    本人も気付かない磨き残し、食事のあとしばらく歯みがきしないなど「清潔度」
    むし歯や歯周病を治療せずに放っておいている「症状の悪化」
    そして、個人差のある「細菌の量」

    今回は「細菌の量」についてお話したいと思います。

    細菌の量と言われてもイメージできませんよね…
    ざっと数億という大きさです。
    良い細菌は悪さをしませんので、悪い細菌を増やさない、活動させない、取り除くことが大切です。

    ではどうやって?
    まずはご自身のお口にどのくらいの細菌がいるのかを調べましょう。菊地歯科医院では、患者さん個々の細菌感染リスクを調べることができます。治療やメンテナンスで通院されたときに5分で終わりますので、ぜひスタッフへご依頼ください。

    悪い細菌が増えて活動が活発になると毒素が多く発生します。
    これが口臭の原因の一つになっています。
    つまり、悪い細菌を取り除けば原因がなくなるということです。

    放っておいて勝手になくなることはありませんが、唾液がこの「取り除く」ことに大きく活躍してくれます。良く考えてください、唾液が口の中からなくなったことってないですよね?

    唾液は喉や口の中を潤すだけでなく、常に口の中を「洗い流している」のです。
    もちろん細菌も同じく流されてしまいます。つまり、ドライマウスなどの症状がある方はそれだけで口臭のリスクが高いということです。
    生活習慣や食事、ストレスなど様々な原因があるドライマウスですが治療方法もしっかりありますので、まずは歯医者にご相談ください。

    今回ご案内したのは、
    口臭の原因となるドライマウスと細菌の関係性
    ご自身の細菌リスクを唾液検査で知ろう!です。

    口臭は周囲の方々を不快にさせてしまうものですがご自身では気付かないことがほとんどです。

    エチケットとして、まずはご自身の症状やリスクを知りましょう。
    菊地歯科医院では、治療だけでなくこのような検査だけでも通院の予約をお受けしております。

    お気軽にお問い合わせくださいませ。

  • 虫歯の治療方法はどの歯科医院でも同じですか? 2019.09.02

  • 虫歯治療のために歯科医院に行こうと思った時、みなさんはどうやって行くべき歯科医院を選ぶでしょうか。
    おそらく虫歯治療の場合は「距離」だけ優先して、何も考えずに近くの歯科医院に行く人が多いと思います。
    大きな治療ならともかく、虫歯治療はどの歯科医院で受けても同じイメージがありますからね。
    確かに治療方法そのものは同じかもしれませんが、治療の結果は歯科医院によって差があるのです。

    虫歯の治療方法

    虫歯の治療方法は、進行度によって異なります。
    基本は「患部を削って詰め物で処置する」ですが、初期の虫歯なら削らずに治せることがありますし、
    一方で酷く進行した虫歯は神経の除去、重度段階の虫歯になると抜歯が必要なケースもあります。

    こうした虫歯の治療方法自体には、歯科医院ごとの差はほとんどないでしょう。
    ただ、実際に治療を行うと違いが見られ、これは担当する歯科医の腕の差によるものです。
    では、歯科医の腕の差はどのような部分にあらわれるのかを考えてみましょう。

    歯を削る判断

    上記で説明したとおり、初期の虫歯なら歯を削らずに治せることがあり、
    後のことを考えれば当然歯を削らずに虫歯を治せた方が良いですね。
    しかし、歯を削る必要性を判断するのは歯科医であり、ここで腕の差が出てきます。

    例えば、何でもかんでも歯を削ろうとする歯科医から治療を受けると、
    本来なら削らずに治せるはずの虫歯なのに歯を削ることになってしまうでしょう。
    ある歯科医院で歯を削るべきと診断された虫歯が、別の歯科医院では削らずに治せることがあるのです。

    医療設備

    歯科医院によって医療設備は異なり、当然医療設備が充実した歯科医院の方が精密な治療を受けられます。
    最も、医療設備よりも歯科医の腕が重要なのは言うまでもないですが、
    充実した医療設備が虫歯治療の精度を高めることも事実でしょう。

    例えば、マイクロスコープを導入している歯科医院なら歯を削る際はもちろん、
    詰め物のサイズにも誤差が生じにくくなり、精度の高い虫歯治療を再現できるのです。
    歯科医院のWEBサイトなどに注目して、どんな医療設備を導入しているのかを確認すると良いでしょう。

    無痛治療

    虫歯治療は大人も嫌なもので、「虫歯治療=痛い」のイメージが根付いていると思います。
    ただ、近年では虫歯治療において無痛治療を導入している歯科医院も多く、
    その点で、「虫歯治療の内容は歯科医院によって異なる」と考えて良いでしょう。

    また、無痛治療の方法も歯科医院によって異なり、
    麻酔1つにしても電動の麻酔を使用する歯科医院、表面麻酔を使用する歯科医院など様々です。
    このため、誰もが気になる虫歯治療の痛みの程度も歯科医院によって差があります。

    根管治療

    根管治療とは細菌に感染した神経を除去するなど、根管の清掃・消毒を目的とした治療で、
    一定以上まで虫歯が進行している場合に必要になる治療です。
    そして、この根管治療は治療としての難易度が非常に高く、そのため歯科医の腕の差が明確にあらわれます。

    と言うのも、根管の形状は人によって異なる上、根管は直接目で見ることができません。
    このため細菌を取り残してしまうこともあり、慣れた歯科医でも根管治療は容易ではないでしょう。
    実際、根管治療を得意とする歯科医院はそれをWEBサイトで紹介していることが多いですね。

    治療後のケア

    例え虫歯治療の方法が同じでも、その後のケアに差があります。
    おすすめできない歯科医院は、虫歯を治してそれでさっさと終わりにしてしまう歯科医院で、
    一方でおすすめなのは治療後のケア…つまり虫歯の再発の予防まで考えている歯科医院です。

    定期的に検診を受けるようにすれば虫歯の有無をその都度確認できますし、
    例え虫歯が再発してしまっても初期の段階で治せます。
    虫歯の治療そのものだけでなく、その後のことも視野に入れた歯科医院選びが大切です。

    まとめ

    いかがでしたか?
    最後に、虫歯治療における歯科医院ごとの差についてまとめます。

    1. 虫歯の治療方法 :治療方法は基本的に同じだが、歯科医による腕の差はある
    2. 歯を削る判断 :削らずに虫歯を治せるはずが、それでも削ってしまう歯科医院がある
    3. 医療設備 :医療設備が充実している歯科医院ほど精密な虫歯治療を行える
    4. 無痛治療 :痛まない無痛治療を導入している歯科医院があり、その方法も歯科医院によって異なる
    5. 根管治療 :根管治療は治療としての難易度が高く、歯科医による腕の差が明確に出る
    6. 治療後のケア :治療して終わりの歯科医院もあれば、その後の予防を大切にする歯科医院もある

    これら6つのことから、虫歯治療における歯科医院ごとの差について分かります。
    このような点から考えて、虫歯治療も歯科医院選びを大切にした方が良いでしょう。
    仮に虫歯になるたびに行く歯科医院があり、その歯科医院に対して不満や不安があった場合、
    別の歯科医院に行くことで満足する治療を受けられるケースもあるのです。